ルアー釣りで「今より釣果を増やす方法」徹底解説

タグ: / / /
2015年09月13日 (最終更新日:2018年07月22日)

目次

  1. 「釣りは準備が重要!」「ポイント選定のための情報収集」「ルアーのバリエーション」「ルアーのスイムテスト」
  2. 「ラインのメンテナンス」「フックのケア」「潮の動きを知る」
  3. 「タックルのバリエーション」「潮の読み方」
  4. 「ベイトの動きを予測する」「マッチ・ザ・ベイト」「釣行の『戦略』を決める」
  5. 「ルアーの通し方(トレースコース)」「現場での情報交換」「決まったフィールドへ通う」

ルアーの通し方(トレースコース)

ポイントも選定し、使用するタックルも決まった。あとはルアーをキャストするだけなのであるが、ここで重要なのはルアーの通し方(トレースコース)を考えることである。

一般的に魚というのは流れに対して逆らうように頭を向けており、シーバスなどは特に背後から来た獲物に対して好反応を示す。

これらのことを頭に入れたうえで、真正面にキャストするのか、はたまた少し斜めに投げて潮にかませて引いてくるのか、潮上に投げてドリフトさせてくるのか、様々なアプローチの仕方がある。

ターゲットが流れに対してどういった動きをするベイトに反応しやすいか理解し、自分の立っている位置から逆算して決めていこう。こうした引き出しを多く持つことは非常に重要だ。

まとめ

  • ターゲットの位置だけでなく、頭の向きまで考えた上で様々なアプローチを試してみよう

現場での情報交換

釣り場に着いたときに先行者がいたら、あいさつを兼ねて情報交換をするようにしよう。

常に状況が変化する自然界において、前回とまったく同じコンディションはまずない。そのため、常に新しい情報を入手し、その日の状況がどうなのか、聞いて回ることも大切なのだ。

また、そのフィールドに通い慣れている同行者がいるとより心強い。

まとめ

  • 釣り場に着いたときに先行者がいたら、あいさつを兼ねて情報交換しよう
  • 自分で一から探るより迅速にその日の状況を理解できる可能性が高い

決まったフィールドへ通う

釣りを上達しようと思った場合に最も手っ取り早い方法は、自分が決めたフィールドに一年を通して通い続けることである。

一定以上の頻度で通い続ければ、おのずとその場所で釣れるパターンを掴むことができるようになってくる。そして、一度パターンを習得すれば、それは他のフィールドでも応用して使うことができるのだ。

良くないのは、その時に釣れるという情報があるポイントへのみ足を運び、釣れない状況での工夫を怠ること。

初めのうちはそれで良いかもしれないが、より腕を磨くためには厳しい状況でも釣果を上げられる自分のスタイルを確立することが重要だ。

まとめ

  • まず自分のホームフィールドを作り、釣りのスタイルを確立させよう
  • 他のポイントで狙うのは、それを応用できるようになってからの方がよりスムーズに上達できる

あとは実践あるのみだ

ルアー釣りにおける釣果向上の方法を包括的に解説した本記事、いかがだっただろうか。

実際に魚を釣り上げられるかは、自然も含め様々な要素が絡み合って決まる。しかし、少しでもその確率を上げるためには事前の準備や、情報の収集を怠らないことが大切だ。

本記事で解説したことを参考に、ぜひ思い出に残る1匹を釣り上げて欲しい。

タグ:
ツリバカメラ