テーマ別

トップページ>その他>ルアー釣りで「今より釣果を増やす方法」徹底解説

3305308871_fa0512c890_o (1)

71662アクセス 2015年09月13日

ルアー釣りで「今より釣果を増やす方法」徹底解説

3305308871_fa0512c890_o (1)

出典:Tob | Flickr – Photo Sharing! (CC BY-SA 2.0)

釣りはある状況下においては初心者でも簡単に釣れ、初心者が経験者よりもよい釣果をあげることも稀ではない。

ただし、何も考えずにただひたすらキャストを繰り返しているアングラーと、その場の状況を把握し、思考を巡らせながらキャストを繰り返しているアングラーとを比較した場合、長い期間で見ると圧倒的な釣果の差が出てしまう。

そのような差はどこで生まれてくるのか。本記事ではルアー釣りの中でも「ショアから」の釣りに特化して、少しでも釣果を上げるためにはいかなる工夫が必要かを解説しよう。

目次

  1. 「釣りは準備が重要!」「ポイント選定のための情報収集」「ルアーのバリエーション」「ルアーのスイムテスト」
  2. 「ラインのメンテナンス」「フックのケア」「潮の動きを知る」
  3. 「タックルのバリエーション」「潮の読み方」
  4. 「ベイトの動きを予測する」「マッチ・ザ・ベイト」「釣行の『戦略』を決める」
  5. 「ルアーの通し方(トレースコース)」「現場での情報交換」「決まったフィールドへ通う」

釣りは準備が重要!

釣りは前日までの準備の程度によって翌日の釣果が決まっているといっても過言ではない。道具の面でも、戦略的な面でも、想定しうるあらゆる状況に対応できる引き出しを持ち合わせているか、そうでないかで釣果に雲泥の差が出る。

また、実際に釣り場で起きると考えうるトラブルに遭遇した際、いかに手早く状況を立ちなおすことができるかが焦点となる。例えば、リーダーを素早く結びなおせるか、手返しよくランディングに持ち込めるか、といった点である。

短い時合をいかに効率的に攻略するかが、釣果の良し悪しに大きく影響するのだ。

まとめ

釣りは準備で釣果が決まる。釣行に向かうポイントの状況を想定し、必要な道具や戦略を考えあらゆる状況に対処できるようにイメージトレーニングすることが重要だ。

ポイント選定のための情報収集

釣りにおいてポイントの選定は最重要項目である。

前日までにどのポイントに入るのか、そこは水深はどのくらいで、潮の速さはどのくらいなのか、どのあたりに根(障害物)が点在するのか、日の出と日没は何時なのか、潮止まりは何時なのか。可能な限り情報の収集を心がけるようにしよう。

あるポイントで一定の釣果を毎回安定してあげられるようになるためには、そのポイントに通い詰めるしかない。結局、一番大切なのは経験からくる精度の高い予測なのだ。

まとめ

釣りのポイントは言わば「戦地」。場所についての情報をできる限り集め、集めた情報をもとに釣果を出せる勝ちパターンを見つけ出そう。

ルアーのバリエーション

ルアーは可能な限り想定しうるすべてのパターンに対応できるものを用意しよう。

このとき、高価なルアーをたくさん揃えればいいというものでは決してないことを覚えておいて欲しい。必要十分な種類を持ち、この状況ではこのルアー、といったように事前に役割を決めておくことが重要だ。

魚も生き物である。人間と同じように季節によって食性が異なり、その時によって食べたいものとそうでないものがある。真夏にこたつで鍋物を食べたいとは思わないし、真冬に野外でカキ氷を食べたいとも思わないのだ。

こうやって思考を働かせれば、ルアー釣りにおいてなぜ多種多様なルアーを用意しておく必要があるのか理解できるだろう。

同じルアーを何度も目の前を通しても食ってこないのに、ルアーを変えた瞬間に食ってくることがあるのは当然のことなのである。

まとめ

レンジ・アクション・アピール・サイズ、それぞれが異なるルアーを、想定しうるパターンに合わせて準備しポイントのベイトパターンに合わせて最適なものを選択する。

同じレンジや同じサイズのルアーばかりを揃えても対応できない。もう一度持っているルアーの性能をチェックしよう。

ルアーのスイムテスト

キャストする前にルアーがきちんと水噛みして泳ぐかどうか、思った通りのアクションをしているか、スイムテストをすることはとても重要だ。

特に水面もルアーも見えづらいナイトゲームとなると、知らぬ間にリップが折れていたり、フックがアイに絡んだりしてルアーがまともに泳いでいないケースが存在する。キャストする度に確認するようにしよう。

まとめ

ルアーが正常に動かなければ、どんなに投げても魚は反応しない。ルアーは緻密に計算し設計されたものなので、フックに藻が付いていないか、破損がないかなどを細かく確認しよう。

またワームを使う場合なら、まっすぐフックに刺さり綺麗に泳ぐか、知らぬ間にバイトがあり傷がついていないかなどチェックしよう。

【次ページ : 「釣行前の準備」後編】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト