普通のアオリイカと何が違う?レッドモンスターと呼ばれる「アカイカ型」アオリイカとは

タグ: / / / /
2018年12月20日

出典:【チープさんからの寄稿】3.8kgのアオリが浮上!?エギング×ジギングの「エジング」ゲーム

アオリイカはわずか1年の寿命ながら、最大5〜6kgにまで成長する大型のイカだ。

中でも4kgを超えるようなモンスターサイズは、普通のアオリイカとは少し違った遺伝子を持っている個体である場合が多い。

今回はそんな「アカイカ型」と呼ばれる大型アオリイカについて解説していこう。

アオリイカにおける3つのタイプ

日本には、「シロイカ型」、「アカイカ型」、「クアイカ型」と呼ばれる3タイプのアオリイカが生息している。

釣り人に馴染み深い一般的なアオリイカは、「シロイカ型」といわれるタイプだ。

北海道南部から南西諸島まで日本全国の近海に生息しており、最大は3kg前後となる。

一方で、4kgを超えるモンスターサイズはアカイカ型であることが多い。

わずか1年で5〜6kgに達し、沖には10kgにもなるモンスターがいる可能性もあるというのだから驚きだ。

また南西諸島の一部には「クアイカ型」と呼ばれ、最大でもわずか500g前後にしかならない小型タイプのアオリイカも生息している。

「アカイカ型」の特徴

出典:徳島水研だより 第 74 号(2010 年 6 月掲載) 普通のアオリイカと赤い巨大アオリイカ

アカイカ型アオリイカの特徴は、その名の通り体色にやや赤み帯びているのが特徴だ。

上記の写真のように一般的なシロイカ型と並べてみるとその差がわかるだろう。

シロイカ型アオリイカは、藻場などの浅場を好んでおり足がつくような場所でも釣れることがある。

一方でアカイカ型アオリイカは深場に生息しており、水深100mを超えるような場所にも生息している

そのためティップランエギングやディープエジングと呼ばれる釣りなど、船からの釣りで狙うことも多い。

「アカイカ型」はどこで釣れる?

出典:ティップランでレッドモンスター現る?! エギ王 TR!|YAMASHITA|イカ釣りで世界トップクラス

アカイカ型アオリイカは、主に黒潮及び対馬暖流の影響を受ける海域に生息している

日本国内では南西諸島や長崎県五島、四国、和歌山などが実績のあるフィールドだ。

また数は少ないものの、ごく稀に関東地方にも姿見せることがある。

「アカイカ型」が狙えるタイミング

一般的にアカイカ型がショアから狙えるのは、冬場の大潮の夜であると言われている。

これらの条件を満たした日は潮の動きが大きくなるため、普段は深場に身を潜めているアカイカ型アオリイカがショアラインに寄ってくるチャンスだ。

このように釣れる条件が限定されているため、条件が重なった日には実績のあるポイントに多くのアングラーが並ぶ。

憧れのモンスターアオリを狙ってみよう

最大で5kgを超えるアカイカ型アオリイカは、エギンガーにとって永遠の憧れといっていいだろう。

もし出会うことができたなら、とてもイカとは思えないような強烈なファイトを楽しめるはずだ。

本記事を読んで興味を持った方は、ぜひ憧れのモンスターアオリイカを狙って遠征釣行に出かけてみてはいかがだろうか。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【チープさんからの寄稿】3.8kgのアオリが浮上!?エギング×ジギングの「エジング」ゲーム

初心者でも良型アオリイカが爆釣!?「釣りの聖地・五島」がエギングのハイシーズンに突入

夜のエギングといえばこれ!有効なエギの選び方と実績抜群のエギ5選

タグ: