トップページ>シーバス>【先行公開】ジャクソンから汎用ロングミノー「アスリート 17SSV/FSV」が登場!航空機の技術を応用して飛距離を向上させた新型ミノー

【先行公開】ジャクソンから汎用ロングミノー「アスリート 17SSV/FSV」が登場!航空機の技術を応用して飛距離を向上させた新型ミノー

by ジャクソン
タグ: / / / / / / /
公式
2018年12月19日 (最終更新日:2019年01月07日)

ジャクソン[Jackson]からヒラメやシーバスなどに有効な汎用ロングミノー「アスリート 17SSV/FSV」が登場した。

航空機の翼に応用されている技術「ボルテックスジェネレーター」をリップ部分に搭載したことで、ミノーでありながらメタルジグに匹敵する飛距離を実現したロングミノーだ。

今回はジャクソンの注目すべき新製品をツリホウ編集部が取材してきたので、どこよりも早く紹介していこう。

「アスリート 17SSV/FSV」の特徴

ボルテックス ジェネレーター搭載

ロングミノーはキャストが難しく、思うようにキャストが決まらないことがあるだろう。

これは長さゆえボディにブレが生じてしまい、余計な空気抵抗を生み出してしまうためだ。

アスリート 17SSVおよびFSVは、リップ部にボルテックスジェネレーターを搭載している。

これによりリップ周辺に生じる空気抵抗を軽減させ、結果としてボディのブレを抑制することに成功した

そのため飛距離が伸びるだけではなく、気持ちの良いキャストを継続して出し続けることができる。

キレのあるダートアクション

アスリート17SSVおよびFSVは、アスリートシリーズの持ち味であるキレの良いダートアクションもしっかりと引き継いでいる。

ただ巻きだけでなくジャーキングを加えることで左右にダートし、リアクションバイトを誘発できるだろう

ダブルリング仕様

アスリート17SSV/FSVは、フロントフックとセンターフックの接続にダブルリングを採用。

フックの自由度が高くなるため、大きく首を振る魚とのファイトでバラシを軽減できる

「アスリート17SSV/FSV」のカラー

アスリート17SSV/FSVは全11色をラインアップ。

ヒラメに実績の高いカラーや、海アメ(アメマス)を意識したカラーまで幅広く取り揃えている。

「アスリート17SSV/FSV」のスペック

製品名 タイプ サイズ(mm) ウエイト(g) 価格(円)
アスリート 17SSV スローシンキング 170 30 2,100
アスリート 17FSV フローティング 170 26.5 2,100

「アスリート17SSV/FSV」の発売日

2019年3月発売予定

ツリホウでしか見れない限定記事は「公式チャンネル」から

ツリホウ内で公開しているその他の限定記事は「ジャクソン 公式チャンネル」から見ることができる。

また同社のYouTubeチャンネル内のオリジナル動画も見逃せないものばかりだ。

ここでしか見れない有力な情報ばかりなので、上達を望むアングラーにはぜひチェックしてほしい。

studio jackson – YouTube

釣りジャック – YouTube

この記事を読んだ人が次に読むのは

【先行公開】ジャクソンからロックフィッシュ用ヘッド「ダニエル ヘッドロック」が登場!ただ巻きのみでロックフィッシュを誘惑する新型スイミングヘッド

【冬チヌ攻略】荒い場所を積極的に。「ちぬころり」と「ちぬころクロー」で冬チヌを狙おう!

春のビッグ狙いはレンジの刻み方がキモ!磯のランカーメバルゲーム攻略法

ジャクソン公式チャンネル

ジャクソン

1980年創業、静岡に自社工場を持つルアーメーカー。時代の洗礼を受けながらもなお、アスリートやにょろにょろ、飛び過ぎダニエルなどの世に残り続ける製品を生み出している。
タグ: