シーバス狙いのリバーゲーム!2018年、上・下流域で活躍したルアーをAji-canさんが紹介!

タグ: /
2018年12月18日

【Aji-canさんからの寄稿】

いよいよ冬って感じの秋田。

酷い天気でフィールドに立てない日が続いております。

ほんと、ひでぇ天気!!

何もしないのも退屈なので、ルアー整理をしつつ今年リバーゲームで活躍してくれたルアーの紹介をしたいと思います。

俺が川でよく使うルアーはシンペン。

その時の状況、エリアに合わせてルアーの種類やサイズを変えますが、ほとんどシンペンたまにミノー。

活躍してくれたシンペンを中心に紹介したいと思います。

2018年、下流域で活躍してくれたルアーを紹介

まずは下流域で流れが緩く、魚の活性が分からない時によく使うのが「邪道 ヨレヨレ ミニ」。

ブレイクやカケ上がりで小さいベイトを積極的に捕食している時に有効なサイズで、活性の低い時でも丁寧にアプローチすればちゃんとバイトしてくれる優秀なやつです。

とことん流れが緩く、活性の低い時は「アイマ ピース80S」等のリップ付きのシンペンで一定のレンジをキープしつつ広く巻きながら探りを入れたりします。

逆に増水で流れがきつい時は、小さいシンペンはすぐに浮き上がってしまうので、重いタイプの「邪道 ヨレヨレ」をよく愛用します。

流心にアップで投げて、ゆっくり巻きながら流れから外してあげるイメージで操作します。

流れから外れてフォールした時にバイトが出ることが多いので最後まで集中して巻きます。

フォールで反応がない時に使うのがフローティングペンシル「タックルハウス K2R112」。

正面からダウンに投げて、流れの中を横切らせます。早い流れの中でも暴れることなくアクションしてくれるので増水時はよく使います。

その他にも水面をただ流してみたり、止水エリアでは引き波を立ててみたり、色々使えるのでシーバスを狙う時は必ず持っていくルアーだったりします。

2018年、上流域で活躍してくれたルアーを紹介

そして、自分が好きな上流域で活躍してくれたルアーを紹介します。

大きくカーブしたり、川幅が狭められたりして複雑に流れが変化している上流域。

やっぱりここでもシンペンなんですが、太めのボディで水受けの良い「エクリプス ドリフトペンシル110」が活躍してくれました。

「アイマ ピース100」と「K2R112」と一緒にローテーションを組んでヨレの中をふわふわさせるように流すと、いい仕事をしてくれます。

増水でほとんとに流れがきつい時は「ハニトラ95S」も一緒に使ったりします。

こうして振り返るとシンペンばっかり投げてた一年。いや、ここ数年シンペンばっかり投げてます。

自由度が高くて、狙った感のあるシンペンの釣りが好き。

だから、きっと来年もシンペンがメイン。

この記事を読んだ人が次に読むのは

シーバスが潜むポイントを図解で解説!Aji-can的リバーゲームの「ヨレ」とは

【Aji-canさんからの寄稿】トッププラグに有効なカラーリングは?グラデーションカラーペイント

この記事を書いた人

Aji-can

Aji-can

独自の考えでオリジナルカラーを創出する実釣主義のルアーペインター。「答えは常にフィールドにある!」がモットー。
タグ: