セイゴゲームはノルまで待つのが鉄則!手前の獲れるシーバスから順番に釣っていると・・・

タグ: / /
2018年12月14日

【宗さんからの寄稿】

12月に入り、気温と共に水温も釣果も冷え込んで来ました。ホームエリアでは、例年に比べて本数も少なくサイズも出ていない。

上げ潮の暖かい海の水に乗ってデカイ魚が来ないかとやっては見たものの5連続ホゲる結果に。このままでは暖かい格好をして河に入り下半身をただ冷やしている人になり兼ねない。

それでもパターンを早々に見付けて釣る人は釣る。

見落としていたのはレンジ

上流から下潮に乗って暖かい水が流れて来ないので水温も低く濁りも薄いのでシェードや大きなストラクチャーに魚が隠れるのはセオリーだが、見落としていたのはレンジ。

魚は月明りや街頭の光が届かない深さにまで潜って仕舞えばそこはもうシェードと同じ暗さに身を潜める事と同意になり、シャローとミオ筋のブレイクの段差は身を隠せる大きなストラクチャーにもなる。

私はひたすらにシャローの地形変化に着く魚を探し求めても反応が無かったのはそのせいだったらしい。

その日、鹿sanが釣り上げたラ◯ザップシーバス。

デカイコノシロを欲張って食いお腹がフットボール型に膨れ上がったスズキ氏。

その翌日、ホームエリアのポイントは狭い為に見切りをつけてセカンドエリアの明暗部でスズキサイズ、あわよくばランカーを狙ってみる。

下潮・晴天・笹濁り

風が無く釣り人にとっては寒く無いが、魚の警戒心が高まるべた凪状態。鏡面の様な明部ではベイトらしき魚が水面に見える。

流れが効き始めるタイミングで表層から探って見ると、極たまにコフっと小さなバイトが出るが、それに引き摺られると地合いを逃すのでいち早く魚を獲る為にルアーチェンジを繰り返すが深いバイトには至らない。

その名も、こうなったら手前の獲れる魚から順番にネコソギ釣ってサイズが上がるのを忍耐と根性で待つ作戦。

もう水の中は冬なのかと寂しさを感じながら去年活躍したピックアップのスリートラップ(ワーム)をセットして明暗部をロッドを立てテロテロ巻きしているとコッ!コフッ!と1キャスト毎に三回程のアタリが出るが、これは合わせてはいけないセイゴからのコンタクト。

セイゴゲームはノルまで待つのが鉄則。

手前の魚からサイズが上がるまで獲るにしても…

最初のサイズがアジサイズでは道のりは遠く…

明部でも…

2匹バラして…

レンジを下げて…

キャッチ手前でバラしてからも….

スリートラップ無双セイゴ乱舞。

橋脚手前のストレッチですでに二桁勝利!

ワームもボロボロになり一個しか持って来なかった為に強制的に終了。

肝心のスズキサイズが飛び出して来ないので、橋脚周りの深く掘れているボトムを意識してハイスタンダード120を潜らせてあまり巻かず暗い側の更に奥のシェードまで流し込むとモンっ!とした今日イチのバイトから下流側にロッドを寝かせてカンヌキフッキングを決め丁寧にユックリと魚を寄せる。

ドラグが出るサイズでは無かったが1番前のフロントフックに喰らいつく45くらいのフッコ様降臨。

このカラーは縦ホロのナチュラル系カラーではあるが、ベリー(お腹)部分がグローに銀粉が少量吹いてあるので、濁りやシェードの深いところでも魚からの視認性もよいらしく気に入っているのだが、残念ながら廃盤カラーになってしまいました。

その後、ライントラブルにより地合いを逃す事になり、お腹も減って寒くなって来たので納竿しました。

11月に比べて塩分濃度の濃い海水が河川に沢山入って来ているのと同時に魚も完全に抜けている様子では無いので、次の大潮周りでもスズキサイズまたはランカーが飛び出してくるチャンスはまだまだあると思います。知らんけど

私のハイシーズンは12月からはじまります。

寒くなるとアングラーの数も減るので、自分のしたい釣りが思う存分に楽しめるし仲間内だけで釣れなくても楽しい釣行会などしてみてはいかがでしょうか。

嬉しいコメントも

「写真が綺麗ですね」とのコメントを頂きました。ありがとうございます。

フラッシュを使用しないレンズの明るさだけで目にピントを合わせてから全体をフレームに収めるやり方はオススメです。そして、貴方の方がお綺麗ですYO!

買って良かったモノのコーナー

プラスチック製のDカンは錆びないし軽いしソコソコの強度で安い!

かなりオススメです。

今回のタックルセッティング

ロッド / 天龍「パワーマスターサンドウォーカーPMS9102S-ML」

リール / シマノ「NEW エクスセンス 3000MHG」

この記事を読んだ人が次に読むのは

東京都内でビックベイトサヨリパターンに遭遇!?パターンは?ベイトは?レンジは?ルアーアクションは?の謎に迫る

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
タグ: