デイでもナイトでも順調に釣れた月とは!?リバーシーバス最終月に今年の釣りを振り返る

タグ: / / /
2018年11月29日 (最終更新日:2018年12月13日)

【Aji-canさんからの寄稿】

気がつけばもう11月の終わり。

一年あっという間で時間が経つのを早く感じます。

今年の釣りを振り返ってみたいと思います。

俺が川をやり込むのは、4月から11月初旬まで。青物狙いで海に行く時期もありますが、だいたいを川で過ごします。

今年のリバーゲームの振り返り

4月

4月はサクラマス解禁月。

今年の豪雪&極寒の影響で水温が低く、震えながら川に浸かっていたのを覚えてます。

自分は釣れませんでしたが、5月頃からよく釣れ出したと耳にしました。

5月

5月は青物強化月間。

今年は海水温が低く、いつまでもホッケが釣れていた。

北へ南へ青物を追って走り回っていた月。

地獄の一週間遠征生活はいい思い出。頑張った割には結果がショボかったのが辛かったなぁ〜〜……。

来年は遠征するとしたら3日くらいにしようかな。一週間は辛すぎる!!

6月

6月からはいよいよリバーシーバス。

まだ雪代の影響があるのか若干水位が高かったが、デイでもナイトでも順調に釣れていてまずまずの滑り出し。

ちょっと雨が降って水が濁ったタイミングが狙い目で、シンキングペンシルを流心に入れて流し、流心から抜けた所がホットスポット。

大場所で流れがダラ〜ッとしてる流れではドリフトペンシル110やピース100などの大きめで水受けの良いタイプを使い、流れのメリハリが強い流れではヨレヨレ80などの高比重でボディーの小さい物を素早く流心を通過させて釣ります。

ざっくりとした使い分けですが、これだけでもオールシーズン戦えます。

7月

7月はリバーハイシーズン。

例年どおりなら大雨からの増水、それが回復してきたタイミングで良型が連発する時期。

例年どおりなら…。

耳タコかもしれないが「今年の天気はおかしい」。雨が降れば災害レベルの大雨。

増水からの回復のタイミングで釣れることは釣れるが、良型が少なく小型が多かった。

その割にコンディションの良い個体が多かったので数年後に期待します。

8月

8月は渇水と夏祭りに悩まされた月。

雨が全く降らず上流域からいい流れが消え、魚の活性も極端に落ちた。雨があてにならないので、潮位差で流れが変わる下流域でなんとか釣っていた8月。

通い慣れた上流域でも釣ろうと川に入ったが、あちこちで花火大会があり音と振動で全く釣りならない。でも…

川の中で見る花火は幻想的で綺麗だったなぁ〜。

9月

9月は鬼門の月。

もともと釣りにくい月でいつも苦労するのに、追い討ちをかけるような大雨。

それでもめげずに狙いのエリア通ったがダメだった。今思えば、この時にエリアを変更していればいい思いできたんだろうな。

まぁ、今更ですが。

10月

10月といえば落ち鮎パターン。

ですが…天候不良が続き全体的に不調。

それでも溜まる場所には溜まってる。

それを見つけるのが大変。

分かりやすい場所には先行者、バッティングを避けてニッチなポイントを探しまくった10月。

釣りたいエリアでは空振りが続き、悪天候の合間をぬってようやく釣ったリバーシーバス。

サイズや数に関わらず、自分の満足のいく形で釣れたので大満足だった……。

ありがとう。

その言葉に尽きる一本だった。

11月

そして、11月。

自分の中でリバーシーバス最終月。

ただ、今年はリバーシーバス絶不調。

例年であれば「耐えれば釣れる月」。

何に耐えるかと言うと寒さと雨。

この時期の川は、とにかく寒い。

天気のいい日の夜は気温10度以下、暖かい日は雨。そんな中で流れの中に浸かるんだから辛いなんてもんじゃない。

その中でもマシな日を選んで「リバー最終決戦」。

1箇所、2箇所目は案の定無反応。

3箇所目は11月でも釣ったことのあるポイント。なんですけど、この日は凄い霧で前がよく見えない。

というか全然見えない。

確かあの辺に流心があって…

あそこにヨレがあったよな?

見えないので想像で探っていく。

これはこれで楽しいが、霧のせいでびしょ濡れになり集中力が続かないので終了!!

また来年お願いします。

それまで海で残り少ないシーズンを楽しみたいと思います。

この記事を読んだ人が次に読むのは

シーバスが潜むポイントを図解で解説!Aji-can的リバーゲームの「ヨレ」とは

シーバスタックルで青物狙い!水面から飛び出すくらいの勢いでジグをシャクルと・・・

この記事を書いた人

Aji-can

Aji-can

独自の考えでオリジナルカラーを創出する実釣主義のルアーペインター。「答えは常にフィールドにある!」がモットー。
タグ: