手軽な釣りが本格的に!進化系モバイルロッド「トラギア」を持ってライトエギングへ行ってきた

by アルファタックル
タグ: / / /
2018年12月07日 (最終更新日:2018年12月19日)

目次

  1. この格好で釣り!?都会に溶け込むフィッシングスタイル
  2. いざ実釣!夜景を横目にヒイカ連発
  3. 好釣果の立役者!トラギアシリーズのラインアップを詳しく紹介
  4. 小物釣りから青物まで!自分にあった一本の選び方

トラギアシリーズのこだわり

今回の実釣でヒイカ連発の立役者となったトラギアシリーズ。

リュックに収納できるほどコンパクトでありながら、2ピースロッドに引けを取らない操作感を味わえた

ここからはそんなトラギアシリーズのこだわりについて紹介していこう。

曲がりが滑らか

トラギアシリーズはロッドの滑らかな曲がりにこだわっており、継ぎ目が多い振り出しのパックロッドとは思えないほど美しいベントカーブを描く

そのため負荷がロッド全体に分散され、大きな魚が掛かった場合にもしっかりと引きを吸収してくれる。

Fujiガイド搭載

トラギアシリーズでは、全アイテムFuji製の良質なガイドを採用している。

PEラインやナイロンラインといったあらゆるラインに対応し、キャスト時の糸絡みなどのトラブルも起きづらい

トラギアシリーズのラインアップ

「トラギア TIPTOP」

トラギアシリーズの基本モデルとなる「トラギア TIPTOP」。

豊富なラインアップとスタイリッシュなデザインが魅力の振り出し型コンパクトロッドだ。

トラギア TIPTOPはFuji製の高級リールシートを採用している。

誰の手にも優しくフィットするため、長時間使用していても疲れを感じない

「トラギア FOUR’Z」

4ピース設計とすることで継ぎ目を少なくし、より本格的な性能を実現している「トラギア FOUR’Z」。

仕舞寸法は長くなるものの、強度や飛距離、軽量化とほぼ全てにおいてワンランク上の機能を手に入れた。

トラギア FOUR’Zは機能面だけでなく、カーボン・クロスラッピングの締まったデザインも魅力のひとつだ。

ハイエンドモデルのロッドにも引けを取らず、アングラーの所有欲を満たしてくれる一本である。

「トラギア CHIBI」

トラギアシリーズでもっともコンパクトなモデルである「トラギア CHIBI」。

バッグどころかジーンズのポケットにすら入ってしまいそうなサイズ感で、どのような場所にでも持ち運びができる。

トラギア CHIBIは専用のハードケースが付属しているため、バッグの奥深くに収納しておいても安心だ。

通勤・通学時のカバンなどに忍ばせておけば、思いついたそばからすぐに釣りを開始できてしまう。

【次ページ】小物釣りから青物まで!自分にあった一本の選び方

タグ: