トップページ>エギング>手軽な釣りが本格的に!進化系モバイルロッド「トラギア」を持ってライトエギングへ行ってきた

手軽な釣りが本格的に!進化系モバイルロッド「トラギア」を持ってライトエギングへ行ってきた

by アルファタックル
タグ: / / /
2018年12月07日 (最終更新日:2018年12月19日)

アルファタックル[alpha tackle]から発売されている進化系モバイルロッド「トラギア」を持って、都会の夜景を眺めながら楽しめるライトエギング釣行へ向かった。

トラギアはリュックに収納できるほどのコンパクトさを持ちながら、2ピースロッドに引けを取らない本格的な操作感を味わえるテレスコピック(振り出し)のコンパクトロッドだ。

今回はそんなトラギアの魅力を余すことなく、編集部の実釣レビューと共にお届けしていこう。

目次

  1. この格好で釣り!?都会に溶け込むフィッシングスタイル
  2. いざ実釣!夜景を横目にヒイカ連発
  3. 好釣果の立役者!トラギアシリーズのラインアップを詳しく紹介
  4. 小物釣りから青物まで!自分にあった一本の選び方

都会に溶け込むフィッシングスタイル

今回の釣り場は、都市部に隣接する港湾部。

豊かな自然と一体になれるような場所での釣りもいいが、都会の夜景を眺めながらの釣りもまた違った楽しみがある。

荷物はコンパクトに

今回は公共交通機関を利用した釣行であるため、荷物はできる限りコンパクトにまとめる必要がある。

準備するものはトラギアロッドにリール、ライフジャケットのほか、最低限の釣具とイカの持ち帰りに必要な道具のみだ。

釣ったイカの持ち帰りはジップロックと保冷剤、および保冷バッグを利用する。

4〜5時間の釣行かつ冬季であれば、重たいクーラーボックスを持ち込まなくても十分な鮮度を保ったまま持ち帰ることができるだろう。

釣行で使用するロッド「トラギア TIP TOP S666L」は、仕舞寸法40センチ。

一般的な大きさのリュックであれば、外にはみ出すことなく内部に収まるサイズである。

都会に溶け込む格好で

電車を乗り継ぎ、釣り場の最寄り駅に到着。

上の写真だけを見れば完全に都会の風景に溶け込んでおり、とてもこれから釣りに行く格好には見えない

都市部の河川敷を通りながら、釣り場となる港湾部へと歩いていく。

ポイントまでの道中では、河川を悠々と泳ぐシーバスの姿を確認した。

今回はライトエギングであるが、シーバスやチヌも都市部で狙えるターゲットとして人気だ。

河川敷を過ぎしばらく歩くと、今回のポイントとなる港湾部の釣り場に到着。

忍ばせていたトラギアをリュックから取り出し、釣りの準備を始める。

【次ページ】いざ実釣!夜景を横目にヒイカ連発

タグ: