【釣行レポート】釣りの聖地・五島で実釣検証!エギングタックル1本で何魚種釣れるか試してみた

by 釣りの聖地・五島市
タグ: / / / /
2018年11月29日 (最終更新日:2018年12月14日)

目次

  1. 衝撃的な魚影の濃さ!エギングで怒涛の連発劇
  2. スリリングな引きを堪能!小型回遊魚狙いのライトゲーム
  3. 海底にも魚がいっぱい!思わぬ珍魚も登場
  4. 東京から最速3時間ちょい!?釣りの聖地・五島へのアクセス方法

スリリングな引きを堪能!小型回遊魚狙いのライトゲーム

エギングを存分に堪能した後は、エギをルアーに付け替えライトゲームに挑戦する。

メタルジグやバイブレーションなどの小型ルアーを使用して、メッキやカマスといった小型回遊魚を狙っていく。

一年中メッキが狙える!?

まずは20gのメタルジグをキャストし、シャクっている最中に中層でヒット。

幸先よく狙い通りのメッキが姿を見せてくれた。

こちらは成長すると1メートル近くになるロウニンアジの幼魚。

サイズは25cmほどであるが、エギングロッドを深々と曲げるパワーファイターだ。

お次はギンガメアジの幼魚も登場。

対馬暖流の影響を受ける五島市は一年を通じて水温が高く、場所によっては冬場でもメッキが狙える。

またメッキは内湾部にも多く生息しているため、風が強い日でも手軽に楽しめるターゲットだ。

ファミリー向けの魚?カマスの魚影が凄い

しばらくすると、表層で小魚を追い回す何者かを発見。

すぐさまバイブレーションをキャストして表層を引いてみると、ガツンとヒットした。

上がってきたのは良型のヤマトカマス。

五島市内にはカマスも多く生息しており、ファミリーフィッシングのターゲットとして地元でも親しまれている。

ヤマトカマスの次は、脂が乗って美味しいアカカマスもヒット。

今回釣れたのは35cmほどであるが、大きな群れが回ってくると40cmオーバーが入れ食いになることもある

釣行当日は釣れなかったが、沖ではヒラマサかカンパチとみられる大型青物のボイルがたびたび発生していた

堤防での手軽なライトゲームのはずが、想像を超えるような大物と出くわしてしまうのも五島ならではといえるだろう。

【次ページ:海底にも魚がいっぱい!思わぬ珍魚も登場】

タグ: