こんな場所にもアオリイカが!?プロが教えるエギングの穴場ポイントとは

タグ: / / / /
2018年11月12日

出典:【意外な場所が釣り場になる!?】初心者必見!プロが教える!エギングテクニック – YouTube

ヤマシタ[YAMASHITA]から「意外な場所が釣り場になる!?初心者必見!プロが教える!エギングテクニック」の映像が公開された。

同社のエギングマイスター川上英佑氏が、見捨ててしまいがちな穴場ポイントへのアプローチ方法を詳しく解説している。

穴場ポイントは「シャローエリア」

狙うべき穴場ポイントは水深がごく浅く、底が見えるようなシャローエリアだ。

外からの潮が通っており、なおかつ根魚が身を隠せるようなポイントがあれば、ほぼ潮だまりに近いような場所でもアオリイカは存在する

このようなポイントは見捨てられがちで、ライバルとなるアングラーも少ない。

出典:【意外な場所が釣り場になる!?】初心者必見!プロが教える!エギングテクニック – YouTube

シャローエリアは遠投ではなく、アンダーハンドで狙ったポイントへと正確にキャストしていく。

基本的に中層を狙うため、エギを目で見て確認できる程度までフォールさせればOKだ。

ロッドは水平か少し立て気味の位置を保ちながら、エギを動かしすぎない程度の細かいシャクリで誘っていく。

出典:【意外な場所が釣り場になる!?】初心者必見!プロが教える!エギングテクニック – YouTube

本動画では、1投目の解説中からいきなり良型をキャッチ。

その後も底が見えるようなシャローエリアでアオリイカを連発している。

このようなポイントではエギを見慣れていない個体が多いため、イカがいればすぐにアタックしてくることを覚えておこう

他のアングラーが獲れない一杯を

近年のエギングブームにより釣り人が増え、釣果を上げるためにはさまざまなポイントにアプローチすることが欠かせなくなってきている。

とくに晩秋は激戦区のメジャーポイントよりも、このような人が打ってないポイントの方がイカが残っていることもある。

本動画で紹介されているようなポイントに目を向けることを忘れずに、他のアングラーが獲れない一杯を手にしよう。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【実釣解説】エギングは難しくない!知っておきたい基本事項と再現できるヒットパターンを紹介

穂先でアタリをとるエギング!「ショアティップラン」の釣り方を解説

エギング激戦区はこう狙え!人混みの堤防でイカを釣る3つのコツ

タグ: