ジャッカルからアジング専用メタルジグ「ナノドロップ」が登場!ナイトゲームでも使える食わせの要素が詰まった新構造メタルジグ

タグ: / / /
2018年11月12日

出典:NANODROP||ルアー|JACKALL|ルアー

ジャッカル[JACKALL]からアジング専用メタルジグ「ナノドロップ」が登場した。

ワームとジグヘッドの組み合わせと同じ感覚で扱えながら、食わせの要素がふんだんに詰まった新構造のメタルジグだ。

「ナノドロップ」の特徴

出典:NANODROP||ルアー|JACKALL|ルアー

本製品は、ナイトゲームでも使える食わせの要素が詰まった新構造のアジング専用メタルジグだ。

ワームとジグヘッドを多用するアジングに、新たなアプローチを可能とするべく作られたのが本ルアーとなる。

ボディ形状はティアドロップ型(涙型)

出典:NANODROP||ルアー|JACKALL|ルアー

ボディ形状がティアドロップ型(涙型)であるため、水を受ける面積が広く、花びらのようにヒラヒラとフォールする仕様だ。

ヒラヒラとフォールすることで長細いメタルジグよりもスローにフォールし、食わせの間をオートマチックに演出できてしまう。

メタルジグのフラッシングは日中に有効なアピール要素だが、本製品のティアドロップ型のボディ形状はナイトゲームでさえもフラッシングでアジを寄せることができる。

計算されたオリジナルフックを搭載

出典:NANODROP||ルアー|JACKALL|ルアー

針そのものにバイトが集中するように、針はフラッシング性能を持つ平打ちの金針を採用。

より食わせの要素を高めるため、針とラバーという組み合わせにたどり着いた。

またボディから針までの距離や針周辺のボリュームまでを検証し、全てがフッキング率を高めるために計算されたセッティングとなっている。

出典:NANODROP||ルアー|JACKALL|ルアー

その日の状況や好みで選べるよう、別売りのスペアフックも同時にラインアップしている。

アジはカラーや素材によって食いが偏ることもあるため、より多くの釣果を望む方はスペアフックを用意しておこう。

接続具が少し特殊

出典:NANODROP||ルアー|JACKALL|ルアー

ジグヘッド単体のアジングではラインとジグヘッドを直結する、もしくは専用の小型スナップで接続することが多い。

しかし本製品は高い自由度と性能を最大に引き出すために、マイクロプレスリングとスプリットリングでの接続を推薦している。

アジングにはあまり馴染みがない接続具だが、あらゆる可能性を考え尽くされた製品だといえるのかもしれない。

独特なフォールアクションにも要注目!

アタるけど乗らないバイトを確実に乗せる新構造の秘密を動画で確認してみよう。

今までのメタルジグとは一味違う独特なフォールアクションにもぜひ注目してほしい。

「ナノドロップ」のスペック

品名 重さ(g) カラー 価格(円)
ナノドロップ 0.8/1.0/1.5 全8色 500
ナノドロップ スペアフック 全3種 300

関連記事

変化とレンジを見極めて釣果アップ!ピピリングで秋の夜長を楽しもう

アジとメバルの捕食方法の違いとは?それぞれに合ったルアーアクション術

【実釣レビュー】2万円台で最高の使い心地!新ジャンルのライトゲームロッド「インスピレーション」が凄かった

タグ: