トップページ>アジング・メバリング>変化とレンジを見極めて釣果アップ!ピピリングで秋の夜長を楽しもう

変化とレンジを見極めて釣果アップ!ピピリングで秋の夜長を楽しもう

by ジャクソン
タグ: / / / /
公式 2018年11月09日

こんにちわ!バンビー山中です。

秋の夜長といわれるように最近は夜が長くなり、ライトゲームが長く楽しめる季節がやってきましたね!

今回は、ピピリングを使用して潮流が速く、水深が深い場所、いわゆる「激流ディープ」をテーマに実釣してきましたのでご紹介させていただきます。

ピピリングで秋の夜長を楽しむコツ

流れとレンジを攻略すれば楽しさ倍増!

アジングは気軽にできる身近な釣りとして幅広い釣り人に支持されています。

しかし軽量リグを使用するので、流れの速い場所や水深の深い場所ではリグを操作することが難しくなります。

このようなテクニカルな釣りになると釣ることが難しくなるのですが、難しくなればなるほど「1匹の満足感」って上がりますよね!

数釣るアジングももちろん楽しいのですが、じっくり海と向き合ってアジと対峙するアジングもまた格別です。

ピピリングの引き抵抗の強さ

では、激流ディープをどう攻略していくのか。

1g程度の軽量リグでは「操作感」が非常に重要になってきます。

軽量リグは手元に伝わる重量が軽いために、経験の少ない方は「何をやっているのかわからない」状態に陥りがちです。

そんな時はロッドやライン、ジグヘッドなどで調整していくのですが、今回はワームをメインとした解消法をご紹介します。

ジャクソンのピピリングは、シルエットやサイズが小さいのでフッキング率が非常に優れています。しかし、小さくなれば自ずと抵抗が少なくなり操作感も少なくなってしまいます。

ピピリング前側部分にある複数のリブは、水の抵抗を受けることによって引き抵抗の強さを感じやすくなり、また引き抵抗が強くなることにより、さらに「抵抗の強弱」を感じることができます。

そうなると潮流や水深の変化を感じ取りやすくなるんです。

引き抵抗を感じる位置は釣れる位置

先程ご説明したとおり、リグの重量変化によってアバウトではあるものの、状態の変化を察知することができます。

これを素直に解釈すると、引き抵抗をしっかり感じる位置というのはリグがしっかり水を受けている状態であるといえます。

これはジグヘッドやワームの姿勢が安定しているということになりますので、この状態ですとしっかりバイトを感じ取ることができます。

しっかりバイトを感じ取れる時はフッキングもうまくいきますから、安定した釣果を得られる・・・ということに繋がります。

【実釣編】激流ディープポイントでアジを狙う

そんな釣りを実践するためにピピリングを持ってお気に入りのフィールドへ向かいました。

強い流れに水深は10m、引き抵抗をしっかり感じ取るためにピピリングをセット。

まずは、7~8mレンジからボトムを探っていきます。

右から左へ潮が流れるため、まずは流れの上流側へキャスト。

自分の正面に入るまでにレンジを入れながら、張らず緩めずの状態をキープします。

これはジグヘッドの頭は下流方向に向いているのにあまりテンションをかけてしまうと頭がふらついてしまい魚に違和感を与えてしまうからです。

正面に入ったところでワームが水を噛んで引き抵抗が出ました。

ここでジワっ・・・とテンションを入れてやると「コン!」と狙い通りのバイト。

引き抵抗をしっかり感じ取れているおかげで、食わせたいタイミングに意識を持って合わせてやることができます。

その後もこのドリフトの釣りで数匹をキャッチすることができました。

普通の漁港に飽きてしまった方は是非一度激流ディープなポイントに行ってみて下さい。

きっと病みつきになりますよ♪

ジャクソンのアジング動画はこちら

ツリホウでしか見れない限定記事は「公式チャンネル」から

ツリホウ内で公開しているその他の限定記事は「ジャクソン 公式チャンネル」から見ることができる。

また同社のYouTubeチャンネル内のオリジナル動画も見逃せないものばかりだ。

ここでしか見れない有力な情報ばかりなので、上達を望むアングラーにはぜひチェックしてほしい。

studio jackson – YouTube

釣りジャック – YouTube

タグ: / / / /