シーバスタックルで青物狙い!水面から飛び出すくらいの勢いでジグをシャクルと・・・

タグ: / / / /
2018年10月31日 (最終更新日:2018年12月13日)

【Aji-canさんからの寄稿】

海が騒がしくなってきたって話を聞いたので、釣れたらラッキーくらいの気持ちで海へ偵察へ。

途中、スーパーで割引きになってる惣菜やら、フィールドで食べるご飯を物色するのが一番楽しみであり、一番のタイムロスの原因だったり…。

釣行中の食事は大事ですからね。

今回の狙いは「青物」

それはさておき、今回の狙いは「青物」。

春に惨敗を食らったターゲットフィッシュ。

聞いた話によると、まだ時期が早いせいか小型が多いらしい。あと、小型のサワラも釣れるらしい。

サワラは食べて美味しい魚なので是非釣りたい。

サワラは海ならどこでも釣れるみたいな事を聞いたので、どこでやろうか悩む。

実績の高い堤防にするか、それともロケーションが良くてエントリーのしやすい磯にするか…。

どうせ釣るならロケーションの良い方が楽しいだろうって事で磯に決定。

小型がメインって話なので、今回はシーバスタックルで挑戦。ガチガチの青物タックルで小型を釣っても面白みが無いですからね。

というわけで、フィールド付近で早めの就寝。

暗いうちに起きてさっさとエントリーするつもりが、朝の恒例行事に手こずりエントリーが遅れる。

当然、第一希望、第二希望の立ち位置には先行者…。

空いてる釣り座にエントリー。

朝一のゴールデンタイム。

サワラはプラグに良く反応してくれるので、まずはセットアッパー125SDRをセット。

誘い方はジャーク。

フルキャストして、ちょんちょんちょんとロッドを下に煽りながら誘う。

が、無反応。

ジャークのテンポを変えてちょーんちょーん、ストップ、ちょーんちょーん…って感じで誘うも無反応。

青物は何かが違うと食ってくれないので、誘い方をこまめに変えたり、反応がないルアーはすぐ変えます。取っ替え引っ替え次々とテンポよく。

テンポ良く色々やっても反応がない。

周囲のアングラーに青物がヒット

するとお隣さんにヒット。釣れた魚は、サワラではなくイナダ。

どうやら小さいジグで食わせたようだったので、こっちも試しにジグに。

一番使うジグはエイムス「メタルヘッドSL45」。

メタルヘッドをセットしてフルキャストして、着底までの時間をカウント。

着底したらしゃくり上げる。

これもテンポをこまめに変えながら誘うが、反応が薄いので変更。

着水したらすぐに全力で高速巻き。巻きながらちょんちょんとトゥイッチを入れる。

水面から飛び出すくらいの勢い巻いて巻いて…

ストップ!!

トゥイッチ!!

からの、ヌン!!

ちっさ!!

けど、ちゃんと走って楽しませてくれます。

その後も同じようなやり方で飽きない程度にポツポツと追加。

早い攻めに反応が薄くなったら、ゆっくりリフト&フォールするようにして追加。

ちょっとだけサイズアップ。

でも、みんな似たような大きさでシーバスロッドで遊ぶにはちょうどいいサイズ。

本格青物シーズンにはまだちょっと早い感じ。

まぁ、そのうち?まもなく?楽しみです。

あ、本命のサワラ…

まいっか!それなりに楽しかったし!

タックルデータ

ロッド/ジャンプライズ「モンスターバトル99」

リール/シマノ「17ツインパワーXD4000XG」

この記事を読んだ人が次に読むのは

[Aji-canさんからの寄稿] ヒットの瞬間に期待が高まる!ニューリールで青物の入魂釣行

【Aji-canさんからの寄稿】青物リベンジ!高速回収中に水面を割ったのは…

この記事を書いた人

Aji-can

Aji-can

独自の考えでオリジナルカラーを創出する実釣主義のルアーペインター。「答えは常にフィールドにある!」がモットー。
タグ: