トップページ>オフショア(船釣り)>【釣行レポート】腕の差が出るタチウオテンヤ!エキスパートが語る釣果アップの秘訣とは

【釣行レポート】腕の差が出るタチウオテンヤ!エキスパートが語る釣果アップの秘訣とは

タグ: / / / /
アクセス 2018年10月23日

本場大阪湾のタチウオテンヤ釣りが面白いと聞き、ツリホウスタッフは早速関西へ足を運んだ。

釣行前日までは数、型ともに厳しい状況が続いていたが、この日はエキスパートの教えもあって上々の釣果を記録。

今回はそんな初挑戦のタチウオテンヤ釣りの様子を、エキスパートが語る釣果アップの秘訣とともにお届けしていこう。

いざ実釣

今回は大阪の泉佐野港から出船している「上丸」さんに上船。

大阪湾でも有名な凄腕船長で、年間を通じて足繁く通うお客さんも多い人気の船宿だ。

また上丸さんはゆったりとした大型船もさることながら、女性ポーターさんの素晴らしい気遣いもあり、とにかく快適に釣りを楽しめる

今回タチウオテンヤ釣りを教えてくれたのは、筆者の友人でもあるYAMASHITAの櫻井氏。

大会での入賞実績もあり、プライベート釣行でも常に竿頭をとり続けるエキスパートアングラーだ。

夜明けとともに出航し、小一時間ほどの航海で釣り場へ向かう。

ポイントの水深は60~70mで、底から20mの層に反応が出ているとのことだ。

まずは広く探るべく、3回巻いて2秒止めるストップアンドゴーで探っていく

すると開始早々、隣で釣っていた櫻井氏が指3本サイズのタチウオを釣り上げた。

今の時期の大阪湾ではこのサイズがアベレージとのこと。

しばらくすると、筆者にもヒット。

記念すべき大阪湾初タチウオは、まさかの指5本サイズ。

小型が多いとの事前情報があった中で、1匹目から予想以上の良型が登場した。

その後もアタリは続き、船内ではダブルヒットやトリプルヒットも見られる状況。

この日の午前中は、前日までの不調が嘘のように船中でアタリが続いた。

しかし、午後は一転して渋い状況に。

タチウオが口先でついばむようなアタリはあるものの、なかなか針に掛けられない時間帯が続く。

渋い時間帯になってからは、攻めの引き出しを多く持つベテランにアタリが集中。

腕の差を見せつけられ、この釣りの奥深さを実感させられた。

あらゆる試行錯誤をしているうちに、あっという間にタイムアップ。

渋くなった後半は数を伸ばせなかったが、最終的に合計16本のタチウオをゲット。

エキスパートの教えを再現した結果、初挑戦ながら船中上位の釣果を上げることができた。

【次ページ:タチウオテンヤ釣りのエキスパートが語る「釣果アップのコツ」とは】

タグ: / / / /