前日のミスを返上するリベンジ釣行!サケフィーバーのチャンスを掴みきれるのか!?

タグ: /
2018年10月20日 (最終更新日:2018年12月13日)

【Takeさんからの寄稿】

前日も仲間内でサケ狙いましたが、同行者の1本で終了……

私はアワセ切れでキャッチ出来ず腑に落ちないので、もう1日粘ってみた。

※北海道のフィッシングルールに従った場所で釣りをしています。

夜にやっと1本目が!

昼寝後に朝のポイントを偵察していると遠くで綺麗なサケが1本上がっており、空いている場所で竿を出したが釣れず日没を迎える。

その後も全く釣れず、餌取りがうるさいだけの時間を過ごしたが22時過ぎにやっと掛かり、色の入ったメスをキャッチ!

4時前から絶好調に!

1本目を釣ってから高須賀さんと合流し、2人で開始。

1本目を釣り上げた場所を離れ、別の箇所を攻めたところしばらくしてから23時50分頃に2本目。

日付が変わり高須賀さんも1本目を、私はちょうど1時50分頃の満潮時に3本目をキャッチ!

満潮が過ぎ、潮が一気に引き始めた2時30分に4本目をキャッチ。

最初の場所に戻り、しばらくは反応が無かったが、3時40分辺りから釣れ始めた。

高須賀さんも連発し、薄暗い時間帯にヒットが続いた。

この時間帯で4本ヒットし、2バラシして朝を迎える。

立て続けにヒットし、ハイテンションの高須賀さん(笑)

それを見て怯えるように雲隠れする太陽!!

日が出てから1バラシでラッシュが止まった。

それからはしばらく釣れませんでしたが、7時半頃に高須賀さんが立て続けに2本キャッチしていました!

餌も無くなり、帰ってから捌く時間も必要なため、9時に納竿しました。

今回の釣果

高須賀さん6本

Take8本(オス4本、メス4本)

でした!

この記事を読んだ人が次に読むのは

[Takeさんからの寄稿] 憧れのオオカミウオを求めて!神の魚が与えてくれた忘れられない思い出

この記事を書いた人

Take

Take

札幌在住で、季節に応じた魚を追いかけている。ショア(陸)、オフショア(船)のどちらも楽しむアングラー。夢はオヒョウを釣ること。
タグ: