漆黒のジェット噴射を確認!追い求めたアイツを遂に捕獲か!?

タグ: /
2018年10月17日 (最終更新日:2018年12月13日)

【Naoさんからの寄稿】

こんにちは!YouTubeチャンネル「Nao釣りSUP」をやっています「Nao」です。

本日の天気は曇り。これくらいの天気の方が涼しくて釣りには良いですね。さて、ここ最近狙い続けているアイツを今回も狙って行きます。

エントリーポイントの波打ち際は若干波が立っていて濁りが目立ったのですが、ちょっと沖に出るとそれほどでもなさそう。これは期待できるかな。

反応を探してパドリング

水深20m前後でdeeperの反応を見ながらポイントを探します。そもそもイカが魚探に映るのかよくわかりませんが全く反応がない場所では釣る気がおきないのです。まさに魚探依存症(笑)

deeperにちょっとした反応を発見。ここで試してみる事にします。

このような魚マークが出てないちょっとした反応もむしろイカなら期待出来そう?とか思ったり。

遂に念願の…!?

ティップラン用の餌木を底まで落としてから4~5回しゃくり、ぴたっと止めて様子を伺うと…竿先がモゾモゾッとした動き。これってアタッてる?と半信半疑のままビシっと合わせてみると…

ドラグがジーッ!と出て行きます!うわっ来たー!!アドレナリン全開のまま巻いていきます。竿から伝わるのは魚とは明らかに違うジェット噴射の様な感覚。いつまでも諦める事なくグングンと引いてきます。

水深は20m程度ですが、興奮のせいかやけに長く感じるファイト時間。さあもう少しで姿が見えるかな…?という所でしかし、フッと軽くなりました。

えっ…。えぇーー!バレたーー!?一瞬放心する私。いやいや、まだ始めたばかり。チャンスはあるはずと再投入しますが頭の中はパニックです。

回収した餌木に足は付いてなかったから身切れたわけじゃない?抱いてただけで針掛かってなかった?

そんな事を考えながら再度底を取ってしゃくります。するとまたアタリが…!すかさず合わせるとまたドラグがジーッ!連続でHITです!先程のよりは引きが弱いみたいですがココは慎重に…。巻いていくと姿を現したのは…。

遂に来ました!海面で墨を噴射する姿、追い求めたアイツであることはもう間違いないでしょう。

念願のアオリイカゲット!

慎重にタモ入れし、掬いあげました!今年初、人生2杯めのアオリイカです。感動に震えが止まりません。続けて釣りたいけどこのイカどうすれば良いんだろう。

とりあえずバケツに入れておいて釣りを再開します。若干深場に流れてしまったので先ほどの水深まで漕いで戻り再投入。するとすぐにまたアタります!あ、これ多分時合いだ。すぐさま合わせるもすっぽ抜け。焦りすぎた…?

そういえば知り合いのエギング名人が、「足一本で釣れた時は合わせが早すぎる」と言ってました。

再度底まで落としてからアタリを待ち、反応があってから一呼吸おいて、そりゃっ!!ジーッ!!

た、楽しい…。このドラグ音と引き、たまらないです。慎重に上げてくるとさっきよりも大きいアオリイカでした。

ちなみにロッドは鱒レンジャー、餌木はティップラン用のものを使ってます。鱒レンジャーは柔らかすぎてしゃくるのにコツが要りますが何とかこれでも釣れる事が証明出来ました。

鱒レンジャーの魅力

SUPティップランで何故鱒レンジャーを使うのか。まずはなんと言ってもその短さ。私の使用しているSP40は120cmしかないので竿先で糸が絡まってもSUP上で簡単に対処できます。2m以上の竿だと、竿先に手が届かず、非常に難儀します。

次に柔らかさ。アタリが分かりやすく竿先が海中に刺さる感覚、楽しいです。そして折れません(笑)

あとは値段。1200円前後って…安すぎ!

タックル情報は記事の最後にまとめてありますので気になった方は是非見てみて下さい。

この2杯を締めた所でアタリはパッタリ。時合い終了の様です。ちょっとジグを投げてから帰ることにします。

遊んでくれたのはリリースサイズのチビアカハタちゃん。大きくなってまた来てなー。

キャッチ&イート

さてさて、キャッチした獲物は美味しく頂きます。魚の場合1週間寝かせるのがマイブームなのですが、そういえば今回のイカは翌日には食べ始めてしまいました。

イカも熟成した方が良いのかな。また釣れたら色々試してみたいです。

まず、ゲソと耳と肝は天ぷらに。サクサクの食感とじわじわ広がる甘さが堪りません。

肝はとにかく濃厚、なんとも言えない大人の味でした。

胴は一晩冷凍してイカソーメンにして卵黄のせ丼。身が分厚過ぎてもはやソーメンではなくウドンでした。

名付けて「イカう丼!」冷凍する事で柔らかくなるそうです。アオリイカのもっちり食感と甘み、卵黄がコッテリ絡み合いなんとも言えない至福の味。「イカの笑油だれ」がバッチリ合います。

動画はこちら

今回の釣行もYouTubeにアップしてますので是非ご覧下さい。海面に突き刺さった竿先と響くドラグ音、必見ですよ!

今回のタックルセッティング

ロッド / ツリングモンキー「鱒レンジャー改 SP40」

リール / ダイワ「フリームス LT2000s」

エギ/ ダイワ「エメラルダス ボートⅡRVラトルバージョン3.0号マーブル下地モスグリーン」

この記事を読んだ人が次に読むのは

【Naoさんからの寄稿】ニューリールで挑むSUP釣行!エギングの後は自己新サイズの赤いヤツ

この記事を書いた人

nao

nao

2016年春に釣りを始めた初心者SUPフィッシングアングラー。釣行動画をYouTubeに投稿中。まだ見ぬ大物との出会いを求めて試行錯誤の日々。
naoさんの寄稿記事
タグ: