チーム BOKUTACHI流・秋のリザーバー攻略法パート2「ボトムを転がせ」

タグ:
2018年10月12日 (最終更新日:2018年12月13日)

【CCBさんからの寄稿】

パート2っという事で、前回に引き続きリザーバー「白竜湖」で行なったチャンピオンシップでの釣行を書いていきますね!

釣りうまなガンチャンの代名詞「ジグ」を使った攻略法

今回登場するのは、ガンチャン。ランキング2位の成績を残し、去年に引き続き上位に入ってきました。

チームメンバー内でも1番釣りうまな彼ですが、どう白竜湖を攻略していくのか?楽しみですね。

それでは、早速w

超がつくほど、ランガンstyleの彼は、午前中でほぼ白竜湖の全域を巻き倒していきました。

リザーバーの兆候をいち早く察知して、唯一あたりの多かったエリアに入って行きます。

岩盤エリアにはいり、ガンチャンの代名詞「ジグ」を投入して行きます。

ブレイクにジグを這わせ、ラインスラックを利用して、アクションを加える!

同じ場所で、何度もバイトはあったみたいなので、丁寧に攻めると答えが返ってきました。

ここで、前半戦が終了。

お昼ご飯にカツ丼を食べて、気合い十分。

後半戦は、前半戦にサーチした中で、よかったポイントで、粘るstyleに切り替えてきました。

一段と水位も下がってきて、カレントがきつくなってきます。それを感じて、ヨレのある対岸にキャストして、デプスのカバースキャッドを転がして行きます。

すると、狙い通りに釣り上げていました。

40アップとキーパーギリギリサイズのバスちゃん!

1日を通して、リザーバーの広さを感じさせず、バスの居場所を見つけて、釣り上げる。

さすがですね。

超ランガンstyleのなせる技だと感じました!

果たして、チャンピオンシップを制したのは?

この続きは、動画で確認してみてください。

動画はコチラ

この記事を読んだ人が次に読むのは

CCBさん流・秋のリザーバー攻略法!「巻いて小さいなら、止めて釣れ」

この記事を書いた人

CCB

CCB

岡山県の自称"釣りバカおじさん"。バスからフカセまで、幅広い釣りに精通。トーナメントにも参加する本格派アングラー。
タグ: