スイングアクションが大当たり!?二桁にも達するバイト数のほとんどがあのルアー

タグ: /
2018年10月01日 (最終更新日:2018年12月13日)

本格的な秋のランカーシーズンを迎える前、河川にはベイトとなるサッパが入るポイントにはスズキが群れをなして入り、20~30匹と入れ食いだったと聞いて仕事終わりに釣り場に向かった。

世間は3連休の中日。

小潮下げ 雨時々曇り 23:00~から釣り場へ

次の日も祭日でお休みの人も多いから深夜帯でも人がいるかもしれない。いるかもしれないが雨が降っていたので居ないかもしれないを、頭の中でループしながら釣り場に着いたら案の定、先行者1名。

立ち位置から察するに上手そうな方が上流側から明暗部を狙っている。

下流側の明暗からスタート

やってみたいメソッドがあったのだが止む終え無し。下流側に位置どり明暗を攻めてみる。

今週の大潮から小潮にかけて河川の釣果がすこぶる良く、サイズはボチボチながらも数が多く出ている。このポイントも魚のストック量は多い方なので、下流側からアプローチしても釣れるであろうと言う目論見。

明暗近くに立ち位置を決め、橋下の暗い側にアップにてルアーを投げ入れて明るい側まで流すと明暗の境、もしくは明るい側でバイトが出る。セオリーはシンキングペンシルだが、レンジによってはミノーで釣れる。

セオリーはーシンペンだが・・・

ベイトがサッパなら少し沈めてもバイトは出るがイナッコならレンジは表層付近なのでいずれにしても上のレンジから刻んで探る事になる。

先ずはトライデント90で、ロッドを立てスローに流し反応が無いのでリーリングスピードを変えたりシェイキングして沈まない様にかつ、リアクションバイトも誘ってみたが反応が全くなかった。

イナッコならアップから流す釣りにフローティングミノー(表層レンジ系)を流すのにルアーに水を掴ませるのに凄く気を使うので、あまり気が乗らないがポジドライブガレージ のナンバー7で流れの比較的強い所を探りながらドリフトするも反応が全く無い。

ルアーアクションの強いフランキー90に変えても変化無し。

表層………表層………( ゚д゚)ボソボソ

シンキングペンシルで尚且つ表層イナッコパターンを歌っているスイングウォブラーを手に取り暗がりに投げ入れる。

引き抵抗も感じられ使いやすいなぁーと同時に、増水パターンに良くある上のレンジが良く流れている事に気付き、ボトムに起伏のある地形変化と潮目、明暗が絡むラインをルアーが引き波立てる位のスピードで巻いて流すとコチンっ!と軽いバイトと共にティップがクィン!と動き、丁寧に寄せて釣り上げたのはセイゴ様。

釣ったのは良いが、ハッキリとした要因が分からないモヤモヤした感じ(΄◉◞౪◟◉`)

上流側ではコンスタントにポコポコと釣り上げているがサイズはあまり出ていない様子な為納竿して宿題を持ち帰り明日に持ち越し。

釣具屋巡りでお買い物

次の日は午前中からロッドの修理と気になっていたルアーなどを眺める為に釣具屋を巡り、目的のルアーと塩ガミ洗浄ムーススプレーを購入。

ウェーダーのフロントジッパーのメンテナンスとゲームベストのジッパーが動かない箇所が出てきたので物は試しという事で。

噂によると、ロッドガイドのサビ取りにも効果があるらしいです。

夕方から夜にかけて集中豪雨に見舞われたのだが、釣行時間には雨も弱くなり雷も消え、増水パターンが期待出来そうな予感。

翌日/小潮  雨時々曇り 風弱く 白濁り 21:00~から釣り場へ

案の定、釣り場には人っ子1人………だけいる………( ゚д゚)

陸っぱりにアングラーが1人下流側で小雨の中釣りをしていた。ウェーディングしている人はおらず、すんなりと上流側ポイントに入水出来た。

上流側ポイントからスタート

明暗に魚がストックされていれば入れ食いが期待出来る雰囲気の小潮。

セオリー通りに手前の橋脚から探り少しずつ前に進んで行くと、イナッコが引き波を立てて泳いでいるのが視認できた。

早速、手に入れたばかりのラザミン90でデッドスローに流れに乗せていると明暗の境に入る手前の明部でルアーが水の中に引き込まれてティップがクンクン!と小さく曲がる。

トップレンジで水柱どころがパシャ!っとも音を立てずにテールフックだけを啄ばんでくるショートバイト。活性は低いのが分かる。

ラザミン90で反応が無くなったのでフランキー90で明暗の境を丁寧にトレースしてもバイトが無い。イナッコパターンなのに?(・・?)

ルアーアクションを弱めてナンバー7にしても何も無し!カゲロウ100fで巻いても流しても違うように思えて、昨晩のヒットルアーであるスイングウォブラーを投入。

流し込むにしても潮が緩くダラダラとレンジが下に入ってしまいバイトまでは届かないと感じ、ルアーが引き波立てる位のリーリングスピードで明暗の境を巻いてくると、1回のキャストで3回のショートバイトがでる。

イナッコパターンはレンジだけでは無くアクションの違いでヒットするかしないかが、細かく分かれている様子。

仮説を立ててみる

フックがしっかりとと掛かるまで投げ続けある仮説を立ててみた。

  • レンジは水面直下(引き波が少し出るとなお良し)
  • アクションは尻振りスイングアクション(水面付近の水を大きく掻き回す)
  • リーリングスピードはミディアムファースト(やや早まき)

ウォブリングでもロールでも無いスイングアクションが良いらしいが、試しに同じ位の大きさのトライデントを投げるが全く反応が無かった為、少しの引き波もポイントだったかもしれない。

スイングウォブラーに変えてからと言うもの、バイトが桁違いに上がり

その後潮目と共に反応が薄くなり始めたのでガルバ87で試すが明暗に反応は無かったが、明部のの早巻きでフッコが食いついてきた。

これは完全にリアクション。

その後もトライデントを遠投しておくの橋脚周りにてセイゴを掛けるがエラ洗いでバラして納竿しました。

トータルバイトで二桁。バラしはその半分以上、キャッチは4匹という結果。

普段、数釣りをしない私にしては大漁(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ヒットのほとんどがあのルアー

そのほとんどがポジドライブガレージ のスイングウォブラーでした。他に無いアクションなのか、食わせの細身シルエットだったからなのか………

同じベイトパターンでもルアーのアクションで食いが変わるのを目の前にして、明暗ゲームもまた、奥が深いと感じました。

これから少しずつサイズも上がり始めると思うので、準備万端でハイシーズンにのぞみたいと思います٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

今回のタックルセッティング

ロッド/シマノ「エクスセンス S906M/RF – Grand Versatiler」

リール/シマノ「17エクスセンス3000MHG」

ライン/シマノ「ピットブル0.8号200m(青)」

リーダー/ヤマトヨテグス「ファメール16lb」

この記事を読んだ人が次に読むのは

【宗さんからの寄稿】上級者との釣行は上達への近道!シーバスを二桁キャッチしたテクニックと気になるルアーとは

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
タグ: