テーマ別

トップページ>ブラックバス>エバーグリーンのヘラクレスファクトリーチューンモデル「LTS」を沖田護が実釣解説

キャプチャ (9)

2438アクセス 2015年09月05日

エバーグリーンのヘラクレスファクトリーチューンモデル「LTS」を沖田護が実釣解説

キャプチャ (9)

出典:EG Extreme Vol.26 沖田護×利根川 – YouTube

エバーグリーン[EVERGREEN]のヘラクレスファクトリーチューンモデル「LTS」を、沖田護が実釣解説した動画が公開された。購入の際などの参考にしてもらいたい。

ヘラクレスファクトリーチューンモデル「LTS」の実釣解説

ブルーマイスターLTSの特徴

「ブルーマイスターLTS」は、ガイドセッティングから異なる。一番ガイドが手元よりに設置されているため、ラインのバタつきが抑えられてフッキングが良い。また、非常に軽くなったため、より繊細なアクションが可能。ノーシンカーの釣りなどで効果を発揮するだろう。

ヘラクレスLTSの特徴

従来のヘラクレスはパワーで魚を寄せてくるロッドであったが、このLTSはより小さいガイドとブランクから曲がるセッティングで、曲げて獲るロッドになっている。もちろん繊細なアクションが可能になっているため、テキサスリグなどの操作が重要な釣りはもちろんのこと、しっかりと曲がるブランクを活かしてスピナーベイトなどの巻物の釣りにも対応する。

実釣に役立てよう

この動画では、ロッドの解説のほかにも参考になる点が多数ある。動画で勉強して実釣に役立てよう。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト