【CCBさんからの寄稿】水面かち割りバイト!羽根モノルアーの楽しみ方~RAID JAPAN ダッジ~

タグ: / /
2018年09月28日 (最終更新日:2018年12月13日)

いつも寄稿を読んでいただきありがとうございます(´◡`๑)

今回は、RAID JAPANのダッジについて書いていこうと思います。

今でこそデカダッジも販売され、おいらは手に入れることができなかったですが、ダッジでも十分釣れるルアーです。

その使い分けを少し説明して行きますね!

一撃必釣のトップウォータープラグ「ダッジ」

羽根モノルアーとして、初めて使い出したのが、このダッジ!

正直、これで釣れるとは思ってませんでした!だけど、動画なんかで見たりして

トップウォーターの釣り。それに憧れたのは事実です。

今でこそ、タックルボックスの中に無くてはならない存在となりました。

ダッチの使い分け術

投げるタイミング

そのおいらなりの使い分けを!

まず、ダッジを投げるタイミング。

  • 朝まずめや夕まずめ
  • 魚の居場所がわからない時
  • 魚が居ついているであろう怪しい場所

朝まずめや夕まずめには、必ず数投はしております。これは、食い気のあるバスにアプローチするにあたり、集魚力があるため広範囲から魚を呼んできてくれます。

魚の居場所がわからないときも、この方法で、少し落ちたブレイクから黒い影が上がってきたり、オープンウォーターにある縦ストなんかに投げると効果を発揮してくれます。

秋のこのタイミング!魚の居場所が散ってしまっている状態で、この効果「集魚力」はとてもいいヒントになってくれます。

カラーについて

おいらは、ホワイトバーンと腹グロ君を使用しております。

使い分け①としては、空の色です!

  • 朝まずめ→ホワイトバーン
  • 雲ひとつない晴天の時→腹グロ
  • 雲があるが晴れている時→ホワイトバーン
  • 曇りの時→腹グロ
  • 夕まずめ→腹グロ

使い分け②として、水質!

空の色と合わせて考えながら、使用して行きます!

特に、マッディウォーターなら天候に関わらず、腹グロ君を使うことが多いいです。

それでは、最近の釣行から例をあげていきます。

  • 9月7日/秋雨前線の初日!
  • 雨が降る前の夕まずめのタイミング
  • 野池
  • 釣れた場所[アウトレットの角]
  • カラー腹グロ

シャッドテールやミノー系を投げても反応が無いが、ダッジを投げると一発で出ました!

やはり、この集魚力と池の角にエサを追い込むタイミングがあったのだと思います。

そして、オープンウォーターでも1匹釣れました!

  • 9月16日
  • 野池
  • 昼間[ローライト]
  • カラーホワイトバーン

子バスやギルがたまっているシャローエリア!

そこへ投げると、デカバスがブレイクから上がってきます。

釣ることはかないませんでしたが、これでヒントを得ることができました!

  • 野池
  • 夕まずめ[日が暮れたタイミング]
  • カラー腹グロ

こちらは、オープンウォーターに立木が存在する場所。

その周りに投げて、引いてきたら一発です。

多分、立木の縦ストに浮いているバスが寄ってきたんだと思います!

このように、羽根モノルアーは、おいらには無くてはならない存在となりました!

皆さんも、是非使ってみてくださいね!

それでは、また〜

この記事を読んだ人が次に読むのは

【CCBさんからの寄稿】キーワード3つで簡単解説!トップウォーターの基本とは

【CCBさんからの寄稿】寄稿100回目記念!バス釣りのシークレット教えます

この記事を書いた人

CCB

CCB

岡山県の自称"釣りバカおじさん"。バスからフカセまで、幅広い釣りに精通。トーナメントにも参加する本格派アングラー。
タグ: