テーマ別

トップページ>ノット(結び方)>釣り針とラインの結束「内掛け結び」の結び方

20150905044750

3647アクセス 2015年09月05日

釣り針とラインの結束「内掛け結び」の結び方

20150905044750

出典:VARIVAS TV 「内掛け結び」 – YouTube

仕掛けを作るときや、大物とのファイトで頼りになる釣り針とラインの結束方法「内掛け結び」。非常に簡単な外掛け結びと異なり、多少時間がかかるものの、強度も強いこの結び方を紹介する。

「内掛け結び」の結び方

  1. 必要な長さプラス5センチを目安にラインをカットする。
  2. ラインで輪をつくり、ハリの軸側に配置し、本線を使って輪と針を5回以上巻きつける。
  3. 巻いた部分を指で押さえて、端糸側を引っ張り強く締め込む。
  4. 本線をひっぱり、結び目を針のミミまで移動させる。
  5. 余分な糸をカットして完成。

内掛け結びのメリット

内掛け結びは針と糸の接地面積が広いためすっぽ抜けしにくく強度も高い。ハリとラインを結ぶ時に非常に便利で幅広く使える結び方だ。

強度が欲しいときは「内掛け結び」を使おう

強度の面では釣り針とラインの結束方法ではトップレベルの「内掛け結び」。仕掛けを作る時などに必要になるので、覚えておくと便利だ。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト