テーマ別

トップページ>ノット(結び方)>ジギングやGTゲームに耐える抜群の強度! PEラインとリーダーを結ぶ「PRノット」の結び方

20150906005607

10993アクセス 2015年09月06日

ジギングやGTゲームに耐える抜群の強度! PEラインとリーダーを結ぶ「PRノット」の結び方

20150906005607

出典:釣り針とラインの結束「内掛け結び」の結び方 – 釣報 [ツリホウ]

ジギングやGTなど大物とファイトはフッキングさせたからにはラインブレイクせずにキャッチしたい。そんなときに役立つのが、100%の結束強度を得られると言われている「PRノット」だ。

結ぶために特別な道具が必要であったり、時間がかかるなどの問題はあるものの、高い強度が必要な釣りをするときには必須のノットである。

「PRノット」の結び方

「PRノット」を結ぶのに必要な道具

PRノットの作成には上記のようなPRノット作成用の器具が必要になる「PRボビン」や「PRノッター」などの名前で売られているので事前に準備しておこう。

「PRノット」を結ぶ手順

  1. PEラインを器具にセットし、ショックリーダーを糸の出口部分に密接させる。
  2. 器具を振って回転させ、PEラインをリーダーに40回ほど巻きつける。
  3. 爪を使って、元の位置まで折り返し戻るように再度巻きつけていく。
  4. 巻き始めまで戻ったら器具を外し、ハーフヒッチで仮止めする。
  5. 3で折り返した巻いた方向と同じ向きに締めるように5〜6回ハーフヒッチをかける。
  6. リーダーの端糸をカットする。
  7. リーダーの切り口でPEラインが傷つくのを防ぐため、PEラインの端糸で切り口付近にハーフヒッチを10回ほどかけてコーティングする。
  8. 最後にハーフヒッチで3回通してしっかり締込み、余分な糸をカットすれば完成だ。

予備のスプールがあると便利

強度の高いPRノットだが、船上など釣りの現地で行うのは厳しいため前日などに自宅で準備しておく必要がある。万が一切れたときには結び直しも大変なので、予備のスプールに同じセッティングのものを作っておくと便利だ。

強度が自慢のPRノットを使って、大物を狙おう。

関連商品

モーリス(MORRIS) ライン アバニGT マックスパワー プラス 600m 6号
モーリス(MORRIS)
売り上げランキング: 226,436

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト