エギカラーの選び方を徹底解説!基本となる5つの下地カラーの使い分けとは

タグ: / / /
2018年09月24日

5つの下地カラー

アオリイカは光の識別能力は優れていながらも、色覚がないためピンク色やオレンジ色などを見分けるのは困難であるといわれている。

そのためエギを選ぶ際は、フィールドの光量に合わせた下地カラーの選択が極めて重要となることを覚えておいてほしい。

今回は、エギングの基本となる5つの下地カラーの使い分け方について紹介していこう。

エギの下地とは

下地ジメージ

エギは、プラスチックや木製の本体に布が巻かれている基本構造となっている。

ケイムラや夜光ボディなど発光するモデル以外は、本体と布の間に下地となるテープが貼ってあることが多い。

その下地こそが、イカからの見え方を左右する重要な要素なのだ。

5つの下地カラーの使い分け方法

金テープのエギの特徴

金テープ

太陽光のフラッシングで強烈にアピールできるボディカラーである金テープ。

アピール力が高いため、遠く離れたイカに対しても存在を認識させられる

高活性のイカに有効であるため、日中にランガンする時には欠かせないカラーといえる。

釣り場到着後の第1投目は、まず金テープを投げて活性の高いイカをサーチしてみよう。

マーブルテープのエギの特徴

マーブルテープ

24時間いかなる状況でもイカを引き出せる万能カラーのマーブルテープ。

アピール力は金テープに劣るものの、複雑な光の反射でアピールできる

何を投げるか迷った時は、マーブルテープのエギを投げておけば間違といえるほど万能だと覚えておこう。

そのため、昼夜問わず欠かさず持っておきたいカラーといえる。

ケイムラボディのエギの特徴

ケイムラボディ

紫外線による発光で艶かしくアピールできるカラーのケイムラ。

ケイムラボディは、フラッシングのアピールが通用しないスレたイカに対して有効だ。

フラッシングでのアピールがしにくくなる曇りや小雨の日の日中はとくに実績が高い

パターンにハマった時の爆発力もあり、過去にはケイムラのエギのみに連発したこともあるほどだ。

赤テープのエギの特徴

赤テープ

光によるアピールは控えめながら、エギのシルエットをはっきりと見せられるカラーの赤テープ

夜のエギングで人気であり、日中でも潮が濁っている時に効果を発揮する。

また、光の届きにくい深場を狙う際にも欠かせないカラーであることも覚えておこう。

そのため、船から狙うことが多いプロの漁師からも支持を得ているカラーだ。

夜光ボディのエギの特徴

夜光ボディ

ボディ自体が発光し、真っ暗な夜間に強烈アピールできるカラーの夜光ボディ。

手元のライトで蓄光させることで、さらに強い光を放つ。

アオリイカはもちろんのこと、ヤリイカやスルメイカに対しては明確に釣果の差が出る最強カラーだ。

活性の高いイカに対して有効であるため、夜間の第1投目はまず夜光から投げるとよいだろう。

もし3本選ぶとしたら・・・

エギケース

上記の通り、下地カラーにはそれぞれの特性があり強みがある。

しかしながら予算の都合上、全てを揃えるわけにはいかないというアングラーも多いことだろう。

ここからは、そんなアングラーのために自身のエギングスタイルに合わせた3本を選ぶ方法を紹介していく。

日中がメインな方

日中

  1. 金テープ
  2. マーブルテープ
  3. ケイムラボディ

日中がメインの方は、こちらの3本がおすすめだ。

定番カラーである金テープからスタートし、万能に使えるマーブルテープと、曇りに強いケイムラを準備しておこう。

夜がメインな方

夜メイン

  1. 赤テープ
  2. 夜光ボディ
  3. マーブルテープ

ナイトゲームがメインの方は、こちらの3本がおすすめだ。

夜間に実績の高い赤と夜光を基本に、朝・夕のマズメや常夜灯下ではマーブルテープが大きな武器となるだろう。

昼・夜どちらも楽しむ方

どっちもやる人

  1. マーブル
  2. ケイムラ

昼も夜どちらも楽しむ方は、こちらの3本がおすすめだ。

昼夜問わず使えるマーブルテープを基本に、日中の渋い時に効くケイムラと夜間に有効な赤テープを持っておくとよいだろう。

下地カラーの特性を知ろう

エギのカラーは様々な種類があり、最適なものを選ぶのは初心者にとって難しいと感じることだろう。

イカは色の識別こそ出来ないといわれているが、だからこそエギの見え方が決まる下地カラーの選択が重要だといえる。

本記事を参考に下地カラーの特性を知った上でエギを選び、さらなる釣果アップにつなげてほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

マズメをすぎたらこれ!日中のエギングに実績抜群のおすすめエギ5選

秋エギング釣果アップの秘訣!小型エギの強みを生かす使い方とは

秋エギングに行く人は必読!リリースしたイカの生存率を高める4つの方法

タグ: