テーマ別

トップページ>料理>干すことでさらに美味しく! 「アジの一夜干し」の作り方

14784454123_0ed18f6423_h (1)

4220アクセス 2015年09月06日

干すことでさらに美味しく! 「アジの一夜干し」の作り方

タグ:

14784454123_0ed18f6423_h (1)

出典:Fish-drying | Flickr – Photo Sharing! (CC BY-SA 2.0)

水分が減ることで旨味が凝縮される干物。刺身や通常の焼き魚とは違った味を楽しむことができ、そのまま冷蔵するより長期間保存することも可能だ。

今回はたくさん釣れてしまうことも多いアジを使った「アジの一夜干し」の作り方を紹介しよう。

アジの一夜干しの作り方

材料

  • アジ・好みの量
  • 水・800ml
  • 塩・大さじ4杯

手順

  1. アジのウロコをとって頭を落とし、腹を開いて内臓を取り出す。
  2. 残った汚れや血合いの間の血を洗い流す。
  3. 水分を拭き取ったら、腹から包丁を入れ尾の部分まで切りアジを開く。
  4. 800mlの水に大さじ4杯の塩を入れた漬け汁に、アジを15〜20分漬ける。
  5. 漬け終わったら軽く水で洗い、キッチンペーパーなどで表面の水分を取り除く。
  6. ザルやネットなど風通りの良いものの上に、身の面を表にして並べ、日陰に干す。
  7. 半日ほどで裏返し、水気がなくなり皮がピンと張ったら完成だ。

たくさん釣れたら挑戦してみよう

イワシなどでも美味しく作ることのできる一夜干し。刺身や通常の焼き物とは違った味わいを楽しむことができるので、たくさん釣れたら試してみよう。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト