テーマ別

トップページ>料理>たくさん釣れたときの保存にも! 「イカの一夜干し」の作り方

2998208141_9450ae5ee0_o (1)

8488アクセス 2015年09月05日

たくさん釣れたときの保存にも! 「イカの一夜干し」の作り方

2998208141_9450ae5ee0_o (1)

出典:Making surume(Dried Squid) | Flickr – Photo Sharing! (CC BY 2.0)

夜イカや秋のアオリイカの数釣りでは、かなりの量のイカを釣ることができ、様々な料理で楽しむことができる。今回は手軽に作ることができ、その旨味を引き出す「イカの一夜干し」の作り方を紹介しよう。

イカの一夜干しの作り方

  1. 粗塩で5〜6%の食塩水を漬け汁として作っておく。
  2. 干すイカをさばく。イカのエンペラ(ミミ)と反対側から開き、ワタを潰さないように取る。
  3. 頭の真ん中から包丁を入れ、目と口を取りだす。
  4. イカの吸盤を落とすため、包丁の裏でイカの足をこする。
  5. 一度水洗いし、ヌメリや汚れを落とす。
  6. 軟骨を取り出し、漬け汁に20〜30分ほどつける。(つけ時間は味の好み次第で調整しよう)
  7. 時間通り漬けたら、ザルやネットなどの風通りのよいものの上に並べて干せば完成。(干し時間は2時間から一晩ほどの間で好みの味に調整しよう)

手軽で美味しい一夜干しでイカを満喫しよう

干すことで旨味が濃縮され、1日置くことで旨味が増える一夜干し。刺身で新鮮なうちに味わうのもいいが、美味しくなるまでまって食べるのもオススメの食べ方だ。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト