【Aji-canさんからの寄稿】暗くなったら○○に注意!恐怖の延長戦開始

タグ:
2018年09月10日 (最終更新日:2018年12月13日)

米代川で念願の一本をバラしあとの話。

どうしても同じ流域で獲りたいとしばらく粘るが何もなし。そして、暗くなるにつれて別の事が気になりだす。

それは、「熊」。

去年もニュースになったが、今年もニュースや目撃情報が多い。友人が釣りの最中に何度か遭遇したというから余計に怖い。

ガサガサと聞こえるたびにビクビク。

精神的限界を迎えてストップフィッシング。

朝マヅメにリベンジ

朝マヅメに備えて早めの休憩。

そして、朝マヅメ。

釣れそうなのにやっぱり無反応。

近くの温泉を探してリフレッシュタイム。

遠征後半戦に備えて、昼飯はガッツリ系ラーメンを食べようとしたらスープ切れで閉店…。

そのままふらふらと街中まで下り、偶然会った友人達と話し、またふらふらと気づいたら雄物川下流域。

夕日が綺麗なだけでな〜〜んもなし。

どうせここまで来たなら子吉川まで行っちゃうか〜〜っとノリで子吉川へ。

朝から何も食べてないから体力の限界。

今日は見るだけ。

見るだけ…。

ちょっとだけ…ちょっとだけ…

到着するとめちゃくちゃいい雰囲気。

「嘘だろーちょっとだけやるかぁ〜〜」

見た通りの良い流れ。

足元近くの流れにルアーを馴染ませるようにルアー流すと。

ズンッ

ヘロヘロになりながらやり取りしてランディング。

前にも釣られたのかな?

尻尾の辺りに傷があり、痛々しいのでさっさとリリース。

最初にバラしたショックが大きかったけど。

とりあえずこれで帰れる!!

早く帰って寝たい!!

今回のタックルセッティング

ロッド/ ジャンプライズ「モンスターバトル 99」

リール / シマノ「ツインパワーXD 4000XG」

この記事を書いた人

Aji-can

Aji-can

独自の考えでオリジナルカラーを創出する実釣主義のルアーペインター。「答えは常にフィールドにある!」がモットー。
タグ: