トップページ>その他>ダイワから釣り用ウェア「レインマックス®ハイパー ブラッシュバッカージャケット」が登場!厳冬期はもちろん、春先まで着用できるハイパフォーマンスジャケット

ダイワから釣り用ウェア「レインマックス®ハイパー ブラッシュバッカージャケット」が登場!厳冬期はもちろん、春先まで着用できるハイパフォーマンスジャケット

タグ: / /
2018年09月06日

出典:DAIWA : DR-20008JB(レインマックス® ハイパー ブラッシュバッカー ジャケット) – Web site

ダイワ[DAIWA]から釣り用ジャケット「レインマックス® ハイパーブラッシュバッカー ジャケット」が登場した。

釣りを知り尽くした同社だからできる、釣りへの本気が詰まったハイパフォーマンスジャケットだ。

「レインマックス®ハイパー ブラッシュバッカージャケット」の特徴

出典:DAIWA : DR-20008JB(レインマックス® ハイパー ブラッシュバッカー ジャケット) – Web site

本製品は同社独自の透湿防水素材「レインマックス® ハイパー」を採用している。

「レインマックス® ハイパー」とは、衣服内の蒸れを外部に放出し、雨風を防ぐレインギアなどのために開発された快適高機能素材だ。

アウトドアブランドなどではハイエンドウェアのみに透湿防水素材が使用されることも多いが、同社は独自でその技術を開発しているため、幅広い価格帯のウェアに採用できる優位性を持つ。

釣りの細部を知り尽くした同社が開発した「レインマックス® ハイパー」の心地よさをぜひ一度体感してみてほしい。

D.D.SYSTEM(ダイレクトダイヤルシステム)を搭載

出典:DAIWA : DR-20008JB(レインマックス® ハイパー ブラッシュバッカー ジャケット) – Web site

フードの後頭部にはD.D.SYSTEM(ダイレクトダイヤルシステム)を搭載している。

D.D.SYSTEM(ダイレクトダイヤルシステム)は、フードの締め込みと横方向の視界をワンアクションで微調整できる機能だ。

1秒を争うトーナメントシーンでフィット感と集中力を高めることを前提として開発された機能のため、通常の釣りでもより快適なフィット感を味わうことができるだろう。

ストームガードを搭載

出典:DAIWA : DR-20008JB(レインマックス® ハイパー ブラッシュバッカー ジャケット) – Web site

本製品はジャケット内部にストームガードを搭載している。

風自体が体温を奪う厳寒期などは、ジャケットの下から入ってくる風すら苦痛に感じられることもあるだろう。

ストームガードはジャケットと体の隙間を無くすことで、冷たい風の進入をしっかりとガードすると同時に暖気の流出も防いでくれる。

また春先でも着用できるよう、ストームガードが取り外し式になっていることも嬉しいポイントだ。

マチ付フロントネックスタイル

出典:DAIWA : DR-20008JB(レインマックス® ハイパー ブラッシュバッカー ジャケット) – Web site

首周りにはメインジッパーの横に通気を調整できるマチ付きファスナーを搭載している。

マフラーやレッグウォーマーを着用時に窮屈になりがちであった首周りの快適性にも繋がった。

フルキャスト立体パターンを採用

出典:DAIWA : DR-20008JB(レインマックス® ハイパー ブラッシュバッカー ジャケット) – Web site

釣り専用ウェアとアウトドア専用ウェアの大きな違いは、想定している動作に対応しているか否かといえるだろう。

釣り人はキャストという両腕を上げて振り下ろす動作を繰り返し行うが、アウトドアシーンではそのような動作は限りなく少ない。

本製品はフルキャストをも想定した立体裁断仕様のため、釣り中の動きに対するストレスが皆無に近いといえる。

ウェア選びに迷っている方は、釣りを知り尽くしたメーカーだからこそ作れる本製品を選んでみてはいかがだろうか。

「レインマックス®ハイパー ブラッシュバッカージャケット」のスペック

カラー サイズ 価格
Black/Seaweed S、M、L、XL 29,900円
Black/Seaweed 2XL 32,400円

「レインマックス®ハイパー ブラッシュバッカージャケット」の発売日

2018年10月発売予定

この記事を読んだ人が次に読むのは

ダイワから釣り用ウェア「DJ-5107(ダウンコート)」が登場!真冬の釣りを暖かくするタウンユースデザイン

防水性能に差が出る!レインウェアの素材における性能の違い

タグ: