テーマ別

トップページ>シーバス>シーバスリールの革命児! 発売目前のシマノ「エクスセンスLB」の特徴とは

product14

3429アクセス 2015年09月04日

シーバスリールの革命児! 発売目前のシマノ「エクスセンスLB」の特徴とは

product14

出典:エクスセンスLB[EXSENCE LB]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO

「エクスセンスLB」登場以前のシマノ[SHIMANO]のシーバスリールといえば、シーバスのパワーに負けないために3000番前後のスピニングリールが主体であった。しかしこのリールは本体が1000番クラスのサイズで、シーバス用リールとしては小型かつ軽量なリールとなっている。

今回は発売目前である同製品の特徴を紹介しよう。

「エクスセンスLB[EXSENCE LB]」の特徴

シーバス釣りの繊細化に適応し、感度と操作感が向上

近年のシーバスアングラーの増加にともない、警戒心を持った(スレた)シーバスが増加し、バイトが繊細になった。そんなバイトをしっかりとキャッチしフッキングをするために、使うルアーも小型で軽量の物が多くなったため、タックルも繊細でなくてはいけない。このリールはそんなシーバス釣りの状況を汲み取り、軽量化を図ったモデルだ。

ローターが小型化したことによって巻き感度が向上し、潮の流れを感じやすくシーバスが好んで居着き、捕食の場所となる速い流れを見つけやすくなった。同時にレバーブレーキを使ってラインを放出する際の抵抗が少なくなり、よりスムーズな放出が可能になっている。

パワーファイトには向かない

リール自体が小型であるため、シーバスとのパワーファイトにはあまり向いていない。このリールにはドラグとレバーブレーキを使って、去なすようにシーバスをキャッチするファイトが最適だ。

レバーブレーキの搭載

近年シーバス釣りへの導入が進んでいるレバーブレーキも搭載されている。

レバーブレーキリールのメリットは、シーバスがヒットした際にシーバスの動きをアングラーが制御出来るようになるという点。エラ洗いしそうなシーバスや抵抗して走るシーバスを、レバーを解放することでシーバスを再び潜らせたり、走りを止めたりすることができる。

ダブルハンドルの採用

シーバスリールには珍しいダブルハンドルが採用されている。ダブルハンドルにすることによってとてもゆっくりとルアーを巻く「デッドスロー」でも安定して等速で巻きやすくなった。

また現代のシーバス釣りで使うリールはハイギアの物が多いが、このリールはローギアに設定されているのでハイギアのリールでは難しい「デッドスロー」に特化していると言ってもよいだろう。

「エクスセンスLB[EXSENCE LB]」のスペック

品番 ギヤ比 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 標準巻き糸量(PE号-m) 価格
C2000MDH 5 195 3.5 1-110 49,500

「エクスセンスLB[EXSENCE LB]」の発売日

「エクスセンスLB」は215年9月に発売予定。発されるそのときを楽しみに待とう。

スレたシーバスを繊細にキャッチしよう!

スレたシーバスは一筋縄ではルアーに食ってきてはくれない。このリールを使った繊細な釣りで、スレたシーバスを攻略しよう!

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト