テーマ別

トップページ>シーバス>編集部員もおすすめの圧倒的ロングシーバスロッド「ゼファー アバンギャルド フレックスマスター」で陸から遠いシーバスを攻略しよう!

02250090_08

2923アクセス 2015年09月04日

編集部員もおすすめの圧倒的ロングシーバスロッド「ゼファー アバンギャルド フレックスマスター」で陸から遠いシーバスを攻略しよう!

02250090_08

出典:EVERGREEN(エバーグリーン インターナショナル) – ZAGS-118 フレックスマスター118

シーバス釣りにおいてロングロッドと分類される10ft後半を超えるロッド。このようなロッドはデイゲームで重いルアーを遠くに投げる際に、非常に大きなアドバンテージを発揮する。

ただ、今までの一般的なロングロッドはその長さ故に重く硬い物が多く、一日中振り続けるにはかなりの体力を必要とするものが多かった。しかしエバーグリーン[EVERGREEN]の「ゼファー アバンギャルド フレックスマスター」は11’8″とかなりのロングロッドながらも、ロングロッドの問題を解決したロッドだ。

今回は編集部員おすすめの「ゼファー アバンギャルド フレックスマスター」の特徴を紹介しよう。

「ゼファー アバンギャルド フレックスマスター」の特徴

最大の武器!長さ!

このロッドの最大の武器は何と言ってもロッドの長さだ。長さによるメリットには以下のようなものがある。

飛距離
長いロッドは飛距離が出やすい。周りの人よりも遠くにルアーを届かせることができると、それだけでシーバスに出会えるチャンスは広がる。

スレ対策
激戦区になるとシーバスは人影が水面に落ちるだけで警戒して口を使わなくなることがある。よって釣りをする際には出来るだけ水際から離れたい。このような時にロングロッドが活躍する。水際から離れてもしっかりと岸際までルアーを引くことが出来るからだ。

足場が高い場所に対応
港湾部など足下から水深が深い釣り場では足下にシーバスが潜んでいることも多く、しっかりと最後までルアーを引いてきたい。しかしこのような釣り場では足場が高いことが多く、最後までルアーを引きたくても引けないことが多い。こんなとき、ロングロッドならその長さを活かし最後までしっかりと引いてくることが出来る。

あらゆる局面で使える

以前はロングロッドと言えば磯やサーフなど専用というイメージがあった。このようなフィールドでは飛距離が必要なため、仕方なくロングロッドを使っていた場合が多い。しかしこのロッドは軽く・柔軟性があるため、どのような状況でもストレス無く使える。

また小型のシンキングペンシル・バイブレーションから大型のミノーまでキャストが可能でルアーをしっかりと操作できる。以前はロングロッドをあまり使うことが無かった港湾部・河川などあらゆる状況に対応する。

「ゼファー アバンギャルド フレックスマスター」のスペック

長さ(m) 自重(g) 推奨ライン(PE号) MAXルアー(g) 価格(円)
3.56 208 0.8〜1.5 8〜35 76,000

ロングロッドのイメージを覆す!

ロングロッドの常識を覆すフレックスマスターをぜひ購入し、利点を生かしシーバス釣りのスキルアップをしよう!

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト