トップページ>その他>【水中動画あり!】釣果に差がつく!ライトブリームゲーム用ワームの形&カラーセレクト術

【水中動画あり!】釣果に差がつく!ライトブリームゲーム用ワームの形&カラーセレクト術

by アルカジック ジャパン
タグ: /
公式 2018年08月31日

身近なフィールドで、いつでも気軽に楽しめるライトブリームゲーム。

この釣りで主体となるアプローチは「ズル引き」です。

「コツコツッ」としたボトムの感触を感じつつ、突如訪れるであろう「ガツンッ!!」というアタリにドキドキしながら、ハンドルをゆっくりまわす…。そんな、入門者でも無心で楽しめる釣りと言えるでしょう。

ただボトムの釣りに限らず、入門者の悩みとして尽きないのがルアーの選び方。

大きさやカタチ、そしてカラーまで含めると、それはもう数えきれないほどの選択肢があります。

そんななかで「まずはどれを使ったらいいのか?」は、なかなか判りにくいものです。

そこで今回は、そんなボトムの釣りで「基準」となってくれる3つのワームと、そのカラー選択について解説していきたいと思います。

ライトブリームゲームの基本ワーム

先発・投げて巻くだけ「扇クロー2.0」

大きなツメが強烈な存在感を放つ、クロー型ワームです。

このツメがズル引きで水を掻き回し、遠くにいるチヌにもアピールします。

ズル引きを「ストップ」すると、ツメを大きく持ち上げるような動きをします。

この動きは、チヌに追われて威嚇する甲殻類そのものです。

「BM.キール」の5~7gといった重めのジグヘッドと組み合わせて、まずは遠投。

このぐらいのウェイトだとただ巻きでもしっかり底がとれ、ワームもしっかり動くのでアピール力は強いです。

とくに初めての釣り場に着いての第一投は、この組み合わせで間違いないでしょう。

キビレのショートバイトに悩んだら「躍ハゼ1.6」

口の小さなチヌ、キビレに丁度いい、一口サイズのハゼ型ワームです。

ハゼをイミテートした「ヒレ」と「しっぽ」を持った、一見かわいらしいとも思えるデザイン。

しかし侮るなかれ。これらのパーツが、短い移動距離でもしっかりと水を動かしてチヌを誘います。

扇クローの巻きの釣りで魚の居場所が絞れたら、このワームの出番。

扇クローよりも、気持ちゆっくりハンドルを巻く。

あるいは、「ツツツッ…」と、ロッドをサビいて、より丁寧に探るイメージでのズル引きにスローダウンしてみてください。

ふか~いバイトを引き出してくれ、スモールワームの威力をきっと体感できると思います。

放っておいても釣れる!?食わせの切り札「舞シュリンプ3.2」

エビの触覚や足を模した、細長いパーツを多く備えたシュリンプ型ワームです。

これらのパーツ群がわずかなロッドアクションや水流で自在にうごめく、まさに「食わせの切り札」

春先や冬場、はたまたハイシーズン中でも。

まとまった降雨で急に水温が下がった時など、チヌの活性が著しく低下してルアーを追いかける元気がないような状況では、こうした「止めてる間も誘い続けられる」ワームが効果てきめんです。

流れ込みや橋脚際でのシェイクなど、とにかくピンポイントでの誘いが有効な場面で試してみてください。

あらかじめ水中での動きを確認して、釣れるイメージをつくる

アルカジックジャパンのライトブリームゲーム実釣動画「ライトタックルで狙うチヌ4」では、「扇クロー」「躍ハゼ」「舞シュリンプ」が実際に水中で動く様子を公開中。

釣行前にチェックして、イメージ作りに役立ててください。

また実際の釣り場でも、足元で動かしてみるなどしてアクションの様子を確かめると、沖での誘いもより効果的に行えます。

明るい時間帯にいろいろな組み合わせを試してみるといいでしょう。

【次ページ:カラーは主に3系統!状況ごとの選び方とは…?】

タグ: /