【Aji-canさんからの寄稿】雨の前のおサボりフィッシング!仕事を終わらせサクッと一本!

タグ: /
2018年08月28日 (最終更新日:2018年12月13日)

仕事の用事で雄物川の近くへ。

ちょっと車を走らせれば実績の高いポイントまで行ける距離。

「何事も適度な息抜きは必要」

と、もっともらしい理由を自分ででっち上げ、用事をさっさと済ませて川へ向かう。

どうしても行きたかった理由は…

まぁ、何が何でも行きたかったのが本音。

というのも、この日は約二週間ぶりに曇り空で雨が降りそうだったから、どうしても行きたかった。

今年の雄物川はベイトが異様に少なく、水も悪い。おまけに水温も高く最悪な状況。

そこで雨が降りそうな空だったら行くしかないでしょ?

すぐ目の前に流れの境。

釣れるならそこなんだけど、近すぎ…。

あと手前の流れも無さすぎ…。

でも釣れなくは無いだろうとキャストするが、

すぐゴツゴツとボトムを叩くし、キャスト毎に草や藻を拾ってきて実にやりにくい。

イライラ。

少しでも水深があって草を拾わない場所を探しながらキャストを続けると、ヌーンと重くなる。

「ん?あ、魚か。」

あまり動かないから気づくのが遅れてフッキング。こういう時ってだいたいフック一本しか刺さってないので慎重に寄せてネットイン。

可愛いサイズを釣り上げてタイムアップ。

ポツポツ雨も降ってきていい感じなんだけど、あくまで息抜き。

天気予報によると次の日も雨なので、あとは明日やればいいやーって感じで帰社。

そして次の日。

シャレにならないレベルの大雨。

もうなんなの!

全く降らないと思ったら、バケツをひっくり返したような大雨って!!

お願いだから適度に降ってほしいもんです。

今回のタックルセッティング

ロッド/ ジャンプライズ「モンスターバトル 99」

リール / シマノ「ツインパワーXD 4000XG」

この記事を書いた人

Aji-can

Aji-can

独自の考えでオリジナルカラーを創出する実釣主義のルアーペインター。「答えは常にフィールドにある!」がモットー。
タグ: