全てのレンジを攻略可能!「リップ付きシンキングペンシル」導入のススメ

タグ: / / /
2018年08月27日

さまざまなルアーがある中で、シンキングペンシルを軸に釣りを組み立てるアングラーもいることだろう。

その一方で、シンキングペンシルといえば「引き抵抗のなさ」や「浮き上がりの速さ」などの理由から初心者に敬遠されがちなルアーともいえる。

それらに合わせて、ミノーのようにブリブリと派手に泳がないスイミングアクションも、「釣れる気がしない」と思われる要因のひとつといえるかもしれない。

今回は、そんなシンキングミノーにリップが付いた「リップ付きシンキングペンシル」の特性と厳選ルアーを紹介していこう。

「リップ付きシンキングペンシル」とは

リップ付きシンキングペンシルとはその名の通り、シンキングペンシルにミノーのようなリップが付いたルアーを指す。

見た目はミノーそっくりであるが、リップ付きシンキングペンシルには小さめのリップが採用されることがほとんどだ。

その計算された小さめのリップはシンキングペンシルの泳ぎの邪魔をすることのないよう設計されている。

シンキングペンシルにリップを付けるメリットとしては、

  • 浮き上がりを抑え、レンジキープ力を付与する
  • リップが水流を受けるため、流れをダイレクトに感じられる
  • シンペン独自の泳ぎの邪魔にならない

などが挙げられる。

リップ付きシンキングペンシルのアクション

リップ付きシンキングペンシルは様々なものが発売されており、それぞれのルアーによりアクションも様々だ。

しかしシンキングペンシルの特性ともいえる、弱ったベイトフィッシュのようなフラフラと揺れる控えめのアクションは共通している。

そしてこのフラフラアクションは流れにダイレクトに影響するため、水流が当たるとイレギュラーな可変アクションとなってフィッシュイーターを誘惑する仕組みだ。

どのようなフィールドにマッチするか

リップ付きシンキングペンシルはどのようなフィールドにもマッチする万能なルアーといえる。

しかしブレードベイトやバイブレーションのような遠くから魚を引き寄せる能力は低いため、魚が定位しているであろう場所にアプローチすることで真価を発揮するルアーということを覚えておこう。

流れがあるフィールドでは特に輝くルアーでもあるので、今まで使ったことのない方はぜひ一度リップ付きシンキングペンシルを選んでみてほしい。

持っておいて損はない「リップ付きシンキングペンシル」5選

マングローブスタジオ「マリブ」

出典:Mangrove Studio > Marib

マングローブスタジオから発売されている、リップ付きシンペンの元祖ともいえるシンキングペンシル。

シンキングペンシルの使い辛さを徹底的に改善するというテーマを元に、湾奥の貴公子・大野ゆうき氏が監修したルアーだ。

足元が高い場所からのアプローチや横風が強い状況でも、浮き上がりを抑えるレンジキープ力を持つ。

シーバスが釣りたければ持っておくべきルアーとの呼び声が高いルアーとしても有名だ。

ジャッカル「スレン80S」

ジャッカルから発売されている、潮流に左右され難い操作性を持つシンキングペンシル。

リップの根元部に穴が空いており、そこから水が入りエラの上部へ抜けていくという「ハイドロホール」を搭載している。

その「ハイドロホール」の作用で潮流に左右され難く、レンジもしっかりとキープするという仕組みだ。

手元には水流の変化を伝達してくれながらも、シンキングペンシルのアクションは破綻しないため、初心者にも優しいシンペンだといえるだろう。

アイマ「p-ce100」

アイマから発売されている、特殊なアクションが魅力のシンキングペンシル。

シンペンはフラフラと揺れる控えめのアクションの製品が多いが、本製品はS字スラロームアクションを得意とする珍しいタイプのルアーだ。

レンジキープ力や引き抵抗だけではなく、シンペンの弱点ともいえる魚を引き寄せる力までをも備えている。

シンペン初心者や、特有のアクションに納得がいかない方にもおすすめしたいルアーといえる。

アピア「ハイドロアッパー90S」

アピアから発売されている、リップを逆方向に付けた浮上型シンキングペンシル。

リップ付きシンキングペンシルのメリットである水中のレンジキープ力を逆手に取った機構を持つルアーだ。

逆の角度のリップは水を下に逃しルアーが急浮上させる。そして水面直下のレンジをキープするというもの。

浅いフィールドでも安定して水面直下を通せるため、水面直下のレンジキープが苦手なアングラーの強い味方となってくれるだろう。

デュエル「ヘビーショット」

デュエルから発売されている、ぶっちぎりの遠投性能を持つシンキングペンシル。

逆風にも強く、遠くの沈み根をも狙える高い遠投性能がウリのルアーだ。

引き抵抗やレンジキープ力も優れているが、水平にローリーングしながら沈下していくシミーフォールでも魚を誘惑できてしまう。

少し大きめのフックを搭載しても泳ぎが破綻しづらいため、中型青物やヒラスズキ釣りにも最適といえる。

いつものフィールドで試してみよう

シンキングペンシルは名前の通り棒状であるため、風の抵抗も少なく遠投性にも優れている。

シンキングペンシルが苦手な方はこれを機会にひとつ採用してみてはいかがだろうか。

この記事を読んだ人が次に読むのは

ルアーを理解してシーバスを釣ろう!「シンキングペンシル」の特徴と使い方

Xアクションがスレた魚にスイッチを入れる!ジップベイツから飛距離とスローさを両立させたシンキングペンシル「ザブラ クロストリガー」が登場

堀田光哉氏がDUOの「ウェッジ」を徹底解説!汎用性の高さを持つ新作シンキングペンシルが登場

タグ: