「FFノット」の結び方を解説!FGノットが苦手な方でもできる結束法

タグ: / /
2018年08月22日

出典:歯くわえ無し! 簡単!超速!強靭!<FF ノット> – YouTube

PEラインとリーダーの結束方法であるFGノットに挑戦してみたが、その難しさから途中で断念したアングラーも多いことだろう。

今回はFGノットの約半分の作業量で完成し、スッポ抜けの心配もない「FFノット」を紹介しよう。

「FFノット」の結び方

  1. PEラインを人差し指と親指に固定する
  2. リーダをPEラインの下から十字になるよう固定する
  3. PEラインを固定した人差し指と親指を180度回転し、輪の中にリーダーを通す
  4. ③の工程を交互に10~16回ほど繰り返す
  5. リーダーの先を10cmほど引っ張り、PEラインの端線に1回軽くハーフヒッチする
  6. PEラインの本線と端糸を束ね、その上からリーダーを8の字結びをする
  7. 結束部を湿らせた後締め込み、端糸をカットして完成

本ノットはフラットフィッシュ用に考案されたノットだが、糸の太さを気にせず使用できる。

途中までの工程はFGノットに似ているが、編み込み後の工程が非常にシンプルなため、現場や揺れる船の上でもあんしんだ。

⑤の工程のハーフヒッチは端糸に対して行うものであり、本線側に結ばないように注意してほしい。

編み込み方がわからない場合

編み込みをする場合、PEラインを固定している手をひねるのではなく、リーダーを輪に通す方法だ。

上記の動画はFGノットの解説だが、④までの工程は同じなので参考にしてほしい。

なれれば約1分で完成

今回紹介した「FFノット」は、釣りに長く精通したアングラーであるakira kashiwagi氏が考案した結束方法だ。

なれれば約1分で結べるノットなので、まずは自宅で練習してみよう。

関連記事

スナップとラインの結束は「漁師結び」で!ダブルラインで強度もピカイチ

初心者にもできる! PEラインとリーダーの結束に使える「簡単ノット」

太さが違ってもガイド通りが良い結束「スリムビューティーノット」の結び方

「ぺこノット」の結び方を解説|釣種やラインの太さを選ばない高強度の結束法

スッポ抜けを減らす!PEラインとリーダーの結束後の「エンドノット」とは

タグ: