新たなルアーメーカーが誕生!嶋田仁正氏が起ち上げた「マルジン」とは

タグ: / / /
2018年08月06日

出典:株式会社 マルジン – その日その場でベストな魚を獲る。嶋田仁正の経験値をカタチにするルアーブランド「マルジン」

28年もの間、外資系製薬会社のサラリーマンをしながらも、数々のルアーやメディアに携わってきた嶋田 仁正氏。

同氏がこの度、自身のルアーメーカー「マルジン[marujin]」を起ち上げた。

今回は、ルアーメーカー「マルジン」はどういったブランドなのか、第1弾となるルアーはどのような製品なのか紹介していこう。

嶋田 仁正氏が設立したルアーメーカー「マルジン」とは

出典:株式会社 マルジン – その日その場でベストな魚を獲る。嶋田仁正の経験値をカタチにするルアーブランド「マルジン」

ソルトアングラーであればテレビや雑誌、ウェブメディア、動画などで嶋田 仁正氏を見たことがあるだろう。

その嶋田 仁正氏がサラリーマンを辞め、自身の経験地をカタチにすべく起ち上げたルアーメーカーが「マルジン」だ。

考える、造る、試す。

「もっとこうすれば」を形にするために起ち上げたブランドです。

魚種を問わず、経験値をそのまま製品として送り届ける事を目標にしています。

出典:株式会社 マルジン – その日その場でベストな魚を獲る。嶋田仁正の経験値をカタチにするルアーブランド「マルジン」

28年もの間、外資系製薬会社のサラリーマンという多忙な生活を送りながらも、数々のルアーやメディアに携わってきた経歴を持つ同氏が、その力をフルに釣具へと昇華させるとどうなるか・・・。

現時点で約5アイテムほどのテストを繰り返しているとの事だが、既に第1弾となるルアーが発表されているので紹介していこう。

注目のブランド・マルジン第1弾ルアー

マルジン「ユーケー シャッドワーム」

出典:PRODUCTS | 株式会社 マルジン 嶋田 仁正の経験値をカタチにするルアーブランド

マルジンが世に送り出す第1弾ルアーは「UK SHADWORM(ユーケー シャッドワーム)」だ。

通常、ワームというルアーはジグヘッドに取り付けて使用することが多い。

本製品はジグヘッドがボディ内部に収まるデザインであるため、魚に違和感を与えづらい。

その他にも、

  • 独自の後方波動がスレたシーバスに効く
  • イジグヘッドがボディ内部に収まることでキャストズレが軽減
  • 柔らかなワーム素材から生まれる圧倒的な生命感
  • 装着もかんたんで、カラーチェンジ後のワームも再び使用できる

など、多くの魅力が詰まったルアーとなっている。

気になるアクションは?

小刻みなローリングアクションを繰り返しながらも、暴れないテール部に注目してほしい。

柔らかなワーム素材を採用したボディは水流を受けバタバタと暴れやすいが、映像を見る限りその心配がまるで無いのがわかる。

ロールから放たれる明滅も凄まじく、喰わせの要素しかないこのアクションは魚にとっては脅威といえるだろう。

ただ巻きのみで上記のアクション出せるため、初心者にも優しいルアーとなっている。

「マルジン」公式サイトはこちらから

株式会社 マルジン – その日その場でベストな魚を獲る。嶋田仁正の経験値をカタチにするルアーブランド「マルジン」

これからの動きにも要注目

嶋田 仁正氏が起ち上げた新生ルアーブランド「マルジン」。

これからどのようなルアーが生まれてくるのか、その動向から目が離せない。

関連記事

シマノが「ソルト ショアアングラー ミーティング」を開催!有名プロも多数来場するユーザー参加型イベント

シマノからシーバス用ロッド「エクスセンス ジェノス」が登場!それぞれが独自のスタイルを持つ個性派集団ロッド

ルアーを理解してシーバスを釣ろう! 「ワーム」の特徴と使いどころ

真っ直ぐ付けないと釣果に影響が! ジグヘッドへの正しいワームの付け方

タグ: