トップページ>その他>ジグとワームが合体!発売間近のサーフ用ルアー「熱砂 メタルドライブ」の使い方とは?

ジグとワームが合体!発売間近のサーフ用ルアー「熱砂 メタルドライブ」の使い方とは?

タグ: / / /
アクセス 2018年08月01日

出典: 真夏のサーフを攻略 考えて獲るヒラメゲーム – YouTube

シマノ[SHIMANO]から「真夏のサーフを攻略 考えて獲るヒラメゲーム」の映像が公開されている。

発売間近のサーフ用ルアー「熱砂 メタルドライブ」を使った実釣となっているので、早めにその使い方を確認してみよう。

「真夏のサーフを攻略 考えて獲るヒラメゲーム」

本動画は発売間近のサーフ用ルアー「熱砂 メタルドライブ」を使い、真夏のサーフゲームを攻略する内容となっている。

「熱砂 メタルドライブ」は平均飛距離80mオーバーを叩き出す、新開発アーチドライブシステムを搭載したハイブリッドルアーだ。

メタルジグとワームが合体しており、キャストと同時にそのふたつが分離するという、かなり珍しい新形状ルアーといえるだろう。

発売前から注目を浴びているルアーなので、いち早く動画で確認してみてほしい。

「熱砂 メタルドライブ」の気になる使い方とは

出典: 真夏のサーフを攻略 考えて獲るヒラメゲーム – YouTube

本動画内で特定の使い方(ロッドアクション)の指定はされおらず、ただ巻きメインで使用している。

ただ巻きのみでボディ部はローリングアクションぎみで泳ぎ、ワームはパタパタとテールを振り魚を誘う。

トゥイッチなどのアクションも有効なはずなので、使用しながら独自のアクションを見つけてみるのも面白いかもしれない。

実はこの機能も凄い

出典: 真夏のサーフを攻略 考えて獲るヒラメゲーム – YouTube

「熱砂 メタルドライブ」は斬新なルアー形状や飛距離に目を奪われがちだが、フックを固定できるプチロックシステムも注目すべき機能だ。

プチロックシステムとは、フロントフックを半固定にできる機能であり、多くのメリットをもたらしてくれる。

  1. フックのトラブルが減る
  2. 大きいフックを搭載することもできる(標準では前後とも#5を搭載)
  3. フッキング性能が上がる
  4. 飛行姿勢が安定する

魚にフッキングすると半固定のフックはフリーになるため、固定によるバラシの心配もない。

この機能の恩恵で大型フックも搭載できるので、青物やランカーシーバスなどを狙ってみるのも面白いだろう。

「熱砂 メタルドライブ」の詳細を知りたい方は以下の記事を参考にしてほしい。

シマノからサーフ用ルアー「熱砂 メタルドライブ」が登場!平均飛距離80mオーバーを叩き出すアーチドライブシステムを搭載

Amazonで購入

関連記事

低活性のフラットフィッシュはワームで攻略!実績抜群のおすすめ5選

フラットフィッシュをミノーで攻略!有効な場面とおすすめルアー5選

フラットフィッシュにメタルジグは必須!?有効な場面とおすすめ4選

サーフゲームに求められるパワーや長さとは?ヒラメ専用ルアーロッドの選び方とおすすめ3選

タグ: / / /