トップページ>その他>真夏の釣りで大活躍する「空調服」を紹介!着たらヤミツキになるその理由とは

真夏の釣りで大活躍する「空調服」を紹介!着たらヤミツキになるその理由とは

タグ: / / /
2018年07月30日

出典:【熱中症対策】空調服 商品説明 – YouTube

今年の夏は猛暑日が続き、熱中症の危険性もあることから釣りに行くのを諦めるアングラーも多いことだろう。

そんな中、建設現場などの野外作業に従事している方々の間では一般化しつつある「空調服」を、魚釣りに採用するアングラーも増えてきた。

今回は「空調服」の有用性と、おすすめウェアについて紹介していこう。

「空調服」とは

「空調服」とは、小型のファンが装着されているウェアのことを指す。

小型ファンから送られた空気がウェア内部を回り、首元と袖から抜けていく仕組みだ。

流れる空気の作用で汗が気化されるため不快感も少なく、常にドライな状態をキープできる。

当然ながら小型ファンから送られる空気で上半身の体表は冷やされるので、真夏の釣りも快適に楽しめてしまう。

「空調服」に必要なもの

出典:NB101|暑さ対策・熱中症対策グッズ | 株式会社空調服

「空調服」は大きく分けて3つのアイテムの融合から成り立っている。

  1. 空調服用のウェア
  2. 空気を送り込むための小型ファン
  3. 小型ファンを動かすためのモバイルバッテリー

ウェアのデザインや小型ファンの数はさまざまで、普及と共に多種多様な商品が登場し続けている状態だ。

上記の3つがセットになっているものや、それぞれが別売りになっているものまで存在する。

釣り専用というものはまだ聞いたことがないが、需要があれば今後釣具メーカーからの発売も期待できるだろう。

サイズ選びは慎重に

「空調服」は空気の循環により体表を冷やす効果があるため、ピッタリとしたジャストサイズのウェアだと空気が流れる隙間がなくなる。

よってジャストサイズより一回り大きいウェアを選ぶか、着用レビューを参考にしたり、実際に店舗で着用してから選ぶようにしよう。

近年では、ホームセンターや作業着販売店でも取り扱っているので気になる方は足を運んでみてほしい。

釣にも使える「空調服」を厳選

株式会社空調服「空調服」

空調服という製品を世に生み出した元祖であり、空調服という言葉も株式会社空調服が作ったものだ。

本製品はそんな同社のウェアだけに、信頼性はバツグンだ。

生地には東レのポリエステル素材を採用し、空気漏れが少なく、釣りに活躍する透湿性・撥水性も持ち合わせている。

椅子や車のシートに座った場合でも、背もたれにファンが干渉しにくいデザインになっているため、着用したまま車で移動してもいいだろう。

ウェア・小型ファン・モバイルバッテリーのフルセットとなっているので、届いてすぐに使用できるのも嬉しい。

VINMORI「空調服」

風力スピードを3段階調節できる小型のファンが4つ装備された空調服。

生地には撥水効果のあるポリアミド繊維が使われており、少量の雨や波しぶきは防げながらも、通気性・速乾性も持ち合わせている。

本製品はウェアと小型ファンのみで、バッテリーは各自で用意する必要があるので注意してほしい。

バートル「エアークラフト」

プロフェッショナルたちの仕事を支え続けているバートルから発売されている空調服「エアークラフト」。

高い撥水性能と透湿性能を持ったタフレックス素材(高密度ファインデニール)を生地に採用している。

背裏には独自開発のエアダクトを搭載しており、快適性をさらに追求したモデルだ。

細身のシルエットが美くしく、スタイリッシュさを求めるアングラーも納得のウェアといえるだろう。

熱中症に気をつけよう

空調服の需要が高まったことで、ディッキーズやミズノといった若者も知るブランドなども力を入れはじめている。

最初は恥ずかしいと思うかもしれないが、一度着ると快適でヤミツキになるので、気になる方はぜひ着用してみてほしい。

※空調服を着ているからといって熱中症にならないわけではないので注意しよう。

関連記事

夏の釣りでは気をつけて!身近に迫る恐怖「熱中症」の対策法

汗をかくほど涼しくなる!?夏の暑さはフリーノットの冷感素材ウェア「ヒョウオン」で乗り切ろう

釣行前に立ち寄ろう!コンビニで買えるオススメ熱中症対策グッズ

夏の釣行には必須!釣り用ネックガードの効果まとめ

夏の釣りのマストアイテム!釣り人の肌を守る「日焼け止め」の種類と重要性

日中の釣行で気をつけたい「紫外線対策」とおすすめアイテム5選

タグ: