トップページ>その他>正露丸の発売元である大幸薬品が、アニサキスに関する公式実験動画をついに公開

正露丸の発売元である大幸薬品が、アニサキスに関する公式実験動画をついに公開

タグ: / / / /
アクセス 2018年07月27日

出典:アニサキス実験動画 – YouTube

正露丸の発売元である大幸薬品が、アニサキスに関する公式実験動画を製作・公開した。

近年アニサキス症に関する報道が増える中、「学術情報の提供を通じ、社会の皆様のお役にたてれば」との考えから製作・公開に至ったという。

大幸薬品によるアニサキスに関する公式実験動画

正露丸の発売元である大幸薬品が、アニサキスに関する公式実験動画を製作・公開した。

サバから採取したアニサキスの幼虫をふたつの容器に入れ、それぞれ違う状態で経過を観察するというものだ。

先日YouTuberのトミック氏の実験動画を紹介したが、公式実験では比較しながら検証しているため、さらにわかりやすい映像になっている。

実験条件

  • 入手したアニサキス虫体(サバから採取)を胃酸と同環境のpH1.2に調製した塩酸に入れて、アニサキス虫体の動作を活発にした後、生理食塩水に移して実験を実施。
  • 「木クレオソート溶液」の濃度条件は「正露丸の懸濁液」(1粒を生理食塩水20mLで懸濁)と同様の木クレオソート濃度(最終濃度 2.2 mg/mL)を使用。

通常の容量で効果が期待できる

アニサキス症に対して正露丸を服用する場合は、通常の容量のみで効果が期待できる。

心配だからといって大量に服用することのないように注意しよう。

Amazonで購入

関連記事

地獄の苦しみ!釣った魚に潜む寄生虫「アニサキス」の恐怖とその対策法まとめ

すさまじい威力を見よ!寄生虫のアニサキスを正露丸に漬ける実験が話題に

アニサキス症には正露丸が有効!?釣り人のマストアイテムとなるか

サバを食べて食中毒?身近な赤身魚に潜む「ヒスタミン中毒」とは

シイラの腸炎ビブリオ菌と表皮粘液毒は食中毒の原因に!?その真実を専門家に聞いてみた

タグ: / / / /