変型タイプのおすすめメタルジグ5選!周りに差をつけるアクションを手に入れよう

タグ: / /
2018年07月18日

出典:フリップ 釣具の通販Gear-Lab(ギアラボ)

現在、さまざまな種類のメタルジグが発売されており、それらは形や素材によって使いどころ、アクションなどが違ってくる。

オーソドックスなメタルジグでは魚が反応しない場面や、それぞれの特徴に合ったシュチュエーションなどで特に効果を発揮する変型タイプのメタルジグがあるのをご存知だろうか。

今回は、一風変わった形をしたメタルジグを厳選して紹介していこう。

変型タイプのおすすめメタルジグ

ギアラボ「フリップ」

出典:フリップ 釣具の通販Gear-Lab(ギアラボ)

ギアラボ[Gear-Lab]から発売されている、ただ巻きに特化したメタルジグ。

ショア・オフショア問わず、大物から小物までをもカバーするオールラウンダーモデルだ。

左右非対称のシルエットであり、ただ巻きのみで潮の流れを縫うようにアクションしバイトを誘発する。

20g~150gまでのラインアップとなっているためシーバスロッドやエギングロッドでも扱えるのも嬉しいポイントだ。

シマノ「熱砂 ブルースプラッシュ」

シマノ[SHIMANO]から発売されている、スプラッシュを発生させることに特化した楕円型メタルジグ。

主にサーフからの使用を想定して作られたルアーで、沈まない速度で巻き続ける事によりスプラッシュを発生させ、青物に猛アピールできる。

ただ巻きのみで誘いを入れられるため、体力に自信のない方でも楽に扱えるのも嬉しいポイントだ。

残念ながら現在は廃盤になっているので、お店やネットショップで見つけた場合は即買いしてもいいかもしれない。

ティクト「メーテル」

出典:TICT -ティクト-

ティクト[TICT]から発売されている、メタルジグでもなくスプーンでもない合金を使ったアロイ(合金)ジグ。

本ルアーは鉛より比重が軽い合金で作られているため、フォール速度も遅く、小魚が落ちていくような予測不能なヒラヒラフォールを繰り返す。

写真では分かりづらいが、シルエットがかなり大きいワイドボディであり、魚へのアピール力は高い。

独特なボディ形状とアロイ(合金)素材の選択は、鉛素材のジグには真似できない唯一無二の存在といえるだろう。

パームス「スローブラッドキャスト オーバル」

出典:Slow Blatt Cast OVAL | PALMS | Angler’s Republic

アングラーズリパブリック[Angler’sRepublic]のパームスブランドから発売されている、軽量金属Zライトメタルを使用したショアスロージギング用メタルジグ。

扁平形状のボディの片面にはえぐられた溝(ティンプル形状)が存在し、その溝が水の抵抗を受けながら緩やかに逃がすことでスローにフォールする仕組みだ。

ボディ形状の他にも、鉛よりも比重の小さい新素材Zライトメタルを採用したことで、圧倒的ともいえるスローなフォール速度を手に入れた。

ワイドで大きいシルエットとは裏腹に、フィールドを選ばないマルチな働きをしてくれるのにも驚きだ。

ブルーブルー「シーライド」

出典:シーライド | BlueBlue -ブルーブルー株式会社-

ブルーブルー [BlueBlue]から発売されている、変幻自在のドルフィンアクションを繰り出すメタルジグ。

ロッドを軽くあおって巻くだけで、生命が宿ったかのような躍動感のあるアクションを演出できる。

独自のボディ形状から生み出されるアクションは、一般的な形状のメタルジグのそれとは明らかに違う。

どのようなロッドアクションであっても食わせの能力を持つため、初心者でも扱いやすい。

タックルボックスのお供に

変型タイプのメタルジグは、唯一無二のアクションでフィッシュイーターを誘い出せる。

タックルボックスにひとつ忍ばせておけば、困った時の切り札となってくれるはずだ。

関連記事

日中のシーバスは岸壁ジギングで狙おう!釣るためのコツを徹底解説

ショアジギング時におけるメタルジグのフックセッティングまとめ

適材適所で使い分けよう!メタルジグと鉄板バイブの使い分け術

ショアジギングで釣果を伸ばす「ジグ操作の基本とコツ」

タグ: