トップページ>オフショア(船釣り)>スーパーライトジギングにおすすめのジグ5選!いろんな形状を揃えて多魚種を攻略しよう

スーパーライトジギングにおすすめのジグ5選!いろんな形状を揃えて多魚種を攻略しよう

タグ: / / / / /
アクセス 2018年07月13日

ライトタックルで幅広い魚種が狙えることで人気沸騰中のスーパーライトジギング。

全国的に盛り上がりを見せており、メーカー各社から様々な専用メタルジグが発売されている。

今回は、数あるアイテムの中でも実績抜群のおすすめメタルジグを紹介する。

スーパーライトジギングとは

スーパーライトジギングとは、20~50gほどの小型メタルジグを使ったオフショアジギングのことだ。

対象魚はアジやイサキをはじめ、マダイ、根魚、青物など小物から大物まで何が釣れるかわからない楽しさがある。

スーパーライトジギングは三重県の遊漁船が発祥であるが、今や全国で流行している大注目の釣り。

遊漁船のみならず、マイボートやカヤック、SUPなどで気軽に楽しめることも人気の要因のひとつだ。

スーパーライトジギングにおすすめのジグ

クレイジーオーシャン「オーシャンフラッシュ」

クレイジーオーシャンから発売されている、フラッシュジギングでおなじみのオフショア用メタルジグ。

不規則なフォールアクションに加え、専用の平打ちフックのフラッシングがリアクションバイトを誘う。

全国で愛用者が多く、スーパーライトジギングの定番アイテムといっていいだろう。

スミス「ウォブリン」

スミスから発売されている、ただ巻きでミノーのようなウォブリングアクションを出せる独自形状のメタルジグ。

ただ巻きのみならず、水平にスライドするフォールアクションもバイトを誘う大きな武器となる。

どのような状況でも使える万能タイプのメタルジグなので、ひとつ持っておくと安心だ。

ギアラボ「フリップ」

ギアラボから発売されている、ただ巻きのみで多魚種が釣れるリアバランス形状のメタルジグ。

同社のタングステン製メタルジグ「マイクロフリップ」の動きをそのままに、素材を鉛にしたことでリーズナブルな価格を実現している。

サイズラインアップも豊富であり、オフショアの大物からショアの小物まで幅広く狙える万能ルアーでもある。

ダイワ「TGベイト」

ダイワから発売されている、「より小さなシルエットで重いジグを」とのコンセプトで作られたタングステン製メタルジグ。

左右非対称設計となっており、巻きでは誘いのスイミングアクション、フォールでは水平姿勢のスライドアクションを演出できる。

魚がなかなか口を使わないマイクロベイトパターンにも強いジグなので、ひとつ忍ばせておいて損はないだろう。

ボーズレス「トウキチロウ」

ボーズレスから発売されている、マダイや青物をはじめ、あらゆる魚種の実績が高いタングステン製メタルジグ。

左右非対称のセンターバランス設計で、ただ巻きでもジャークでもバイトを誘発するアクションを演出できる。

中でもマダイの反応が抜群に良く、タイラバの最中に目先を変える一手として使用されることも多い。

スーパーライトジギングに挑戦してみよう

スーパーライトジギングのタックルもとても軽く、女性や子供でも安心して楽しめる。

比較的ボウズが少ない釣りであるため、オフショアデビューの初心者にも最適な釣りといえるだろう。

本記事を参考に、様々な魚と触れ合えるスーパーライトジギングを楽しんでほしい。

関連記事

スミスのスーパーライトジギング用ロッド「HSJ」を中村豪氏が紹介!不意の大物にも安心なフルソリッド仕様

車で持ち運べる手軽なボート!アキレスのゴムボート「PV-330VIB」で楽しむライトジギングのすすめ

タグ: / / / / /