誰でも簡単に根魚をゲット! 「穴釣り」のやり方まとめ

タグ: / / /
2015年08月30日 (最終更新日:2017年02月26日)

目次

  1. 穴釣りで釣れる魚
  2. 穴釣りのタックル
  3. 穴釣りで使う餌
  4. 穴釣りのやり方
  5. 穴釣りにおける注意点

穴釣りにおける注意点

初心者にも手軽にできる穴釣りだが、守るべきマナーや注意点もある。

小さい魚はリリース

穴釣りのメインターゲットであるカサゴ、ソイなどの根魚は成長が非常に遅い。20cmほどになるのに数年かかる魚も多いのだ。釣れた魚が小さい場合は、なるべくリリースするようにしよう。

外道も優しくリリース

また、フグやベラなどの外道が釣れた場合に、防波堤に放置している心無い釣り人も多い。外道が釣れてイラつく気持ちもわかるが、魚に罪はないのできちんとリリースしてあげよう。先程紹介したように、ベラは非常に美味な魚である。

足元に注意

穴釣りで狙うポイントはテトラポットやゴロタなど、足場の悪いポイントが多い。特に危険なのがコケの生えている場所。コケが生えているとどのようなソールの靴でも滑るので、そのような岩やテトラポットには乗らないようにしよう。

テトラポットは中に落ちると上がってくることができず、ゴロタでは転ぶと岩についた貝類などで切り傷を負ってしまう。ライフジャケットの着用はもちろんのこと、長袖長ズボンにグローブを着用すれば怪我を軽減できる場合もある。

テトラポットに乗る場合にはソールはラジアルが、ゴロタの場合にはフェルトピンがおすすめ。テトラポットでスパイクシューズを使用すると、逆にスパイクが立って滑りやすくなってしまうので注意が必要だ。

特に、ファミリーフィッシングでこのような危険な場所に行くのはNG。足場の良い防波堤の上から穴をねらっても釣れるので、無理は禁物だ。

年中楽しめる穴釣りに挑戦しよう!

シンプルな道具で簡単に、年中楽しむことができる穴釣り。近場でポイントも多く存在するので、ぜひ挑戦してみよう!

タグ: