誰でも簡単に根魚をゲット! 「穴釣り」のやり方まとめ

タグ: / / /
2015年08月30日 (最終更新日:2017年02月26日)

目次

  1. 穴釣りで釣れる魚
  2. 穴釣りのタックル
  3. 穴釣りで使う餌
  4. 穴釣りのやり方
  5. 穴釣りにおける注意点

初心者でも簡単!穴釣りのやり方

穴釣りができる場所

穴釣りができる場所はテトラポットや消波ブロックの隙間、石積みの隙間やゴロタ石の周辺など、魚が潜むことのできる場所だ。

穴釣りのやり方

穴釣りは仕掛けをテトラポットなどの隙間などに入れるだけの簡単な釣り。コツは一度仕掛けを底まで落として、底の深さを感じたら仕掛けを巻き上げ狙いの位置に置くようにしよう。

生き餌を使っている場合は動かさずに止めて置くだけでも釣れるが、「パワーイソメ」などを使う場合は、竿の先を少し震わせてアピールするのも効果的だ。

大きなアタリがあったらあわせをいれて、一気に穴から引き抜く。もたもたしていると穴に潜られて出てこなくなってしまうので注意しよう。

攻められていない穴を狙おう

穴釣りでは先に誰かに釣られると、その穴にはしばらくの間魚が居なくなってしまう。場所を見極めながらテンポよく移動すると数釣りすることが可能だ

また、誰も攻めていないようなポイントや穴には大型が潜んでいる場合が多い。穴場を見つけてみよう。

奥まで入れるのがコツ

仕掛けを穴に落として着底したと思っても、仕掛けを上下させるとさらに奥まで落ちていく場合が多い。これは、テトラポットなどは複雑に組み上げられているため穴の中にさらに穴が存在するためである。もちろん魚はその穴の奥に潜んでいる可能性が高い。

テンポよく探っていっても反応がない場合には、より深く仕掛けを落とすように意識してみよう。

【次ページ:穴釣りにおける注意点】

タグ: