【CCBさんからの寄稿】バス釣り用タックルでチヌは釣れるのか?まさかの全員安打にダブルヒットまで…!?

タグ:
2018年07月07日 (最終更新日:2018年12月13日)

どうもCCBですd(^_^o)

いつも寄稿を読んでいただき、ありがとうございます。

今回のターゲットは、黒鯛!

実は、以前から近くの河川に黒鯛が、沢山いるという情報を得ておりました。

そこで、実際に見に行ってみると、いるわいるわ。

って事で、バス釣り用タックルで狙ってみることにしました。

2018/06/17

引き潮をメインに狙って来ました!潮が引き始めるタイミングで、流れてくる餌を求めて食い気が上がると踏んだからです。d(^_^o)

早速、釣り開始!

ビッグベイトメインにゲームを展開。チビタレルやジョイクロをキャスト。

だけど、全く反応が無い!

近くを通しますが、嫌うか!興味が無い。

そして、岸にあまり寄ってこない。何故かなぁ?っと考えていると、自分たち以外にもアングラーが!

とりあえず、お話を聞いてみることに

CCB『こんちわ〜』

釣り人『こんにちわ〜』

CCB『何釣られているんですか?』

釣り人『チヌだよ!』

CCB『あっそうなんですか!何で狙っているんです?』

っと、竿先に付いている仕掛けに目をやると、大きなトレブルフックがついていました。

よく、ボラの仕掛けの下についているようなもので、引っ掛けて釣り上げるようなフックです。

釣り人『チヌを引っ掛けて釣り上げるんですよ!』

っとお話を伺いました。

その情報を含めて、考え直すことに

□おいらの妄想2

引っ掛け釣りにより、プレッシャーがかかり、岸によって来れない!

ならば、プレッシャーの高まる釣りは、NGなのかと思い、トップの虫パターンに切り替えようとしますが…風の影響により操作不能(^◇^;)

そして、時間が迫られる中、チヌが岸によりだした。

明らかに、餌を探しているであろう動きを見せてきたので観察することに!

あるヒントを絞り出した。

っとココでタイムアップ!

次回に、答え合わせをする事に

18/06/23にリベンジ釣行に行ってきました!

リベンジ釣行

今回は満ち潮を狙います!

とりあえずビッグベイトは、封印して

蟹をイミテートしているホグ系のワームとスモラバで攻めることに

案の定、これがハマり

家族全員安打!

息子達は、帰る前にダブルヒットもかましてくれました(´◡`๑)

これは、リベンジ達成かなぁw

前回の経験値が、ここで光ったことは、素直に嬉しい😆

ヒントになったことは、黒鯛の目線!匂い!のふたつ。

チヌの特性を考察

クロダイは大変優れた嗅覚を持った魚。

クロダイの嗅覚は人間の何千倍と言われています。

嗅覚だけでなく、聴覚も優れているそうです。

人間は脂肪酸を匂いとして感知しますが、魚はアミノ酸を匂いとして感じ取ります。

アミノ酸は、人間にとっては味として感じる旨み成分ですね。

魚は、においを鼻と味蕾(みらい)で感じ取ると言います。

味蕾とは、味を感知する器官です。

つまり、「味を鼻で嗅げる」ということです!

これは、以前にナマズの記事で書きましたよね!

そしてクロダイの嗅覚は魚の中でもトップクラスで、

極微量のアミノ酸でも感知できる能力があると考えられています。

ビッグベイトに全く反応しなかった黒鯛が、モエビパウダーには、しっかり反応していました!

このことから、やはり匂いは重要だと考えました。

そして、目線!

岸によっているクロダイ限定ですが、基本的に岸ベッタリにルアーを落とすと少なからず反応を得られます。

だけど、バイトに至らない!

それは、なぜか?色々試していると

足先にあった石を小突いてしまい、クロダイの目先へ落ちました。

やばっ!

逃げてしまうと感じた瞬間。

クロダイは、石を追いかけ始めたのです。

これは、壁際フォールさせると反応するのではないかと思い、今回のスモラバを使用さしました!

色々試して、思わぬところから、ヒントが落ちてくる!

釣りって楽しいですねw

皆さんも、是非いろいろ観察したね見てください。

それでは、また〜

今回のタックルセッティング

ロッド / メジャークラフト「BIC-68BB」

ロッド / ジャクソン「ラストビーツ BBC-62ML-LST」

リール / ダイワ「タトゥーラHDカスタム153」

リール / ダイワ「アルファスAIR 5.8」

この記事を書いた人

CCB

CCB

岡山県の自称"釣りバカおじさん"。バスからフカセまで、幅広い釣りに精通。トーナメントにも参加する本格派アングラー。
タグ: