【第5回】特徴を活かして釣果アップ!シーンごとにおすすめのグレ用集魚剤を紹介

タグ: / /
2018年08月24日

フカセ釣りに用いるマキエではさまざまな集魚剤が用意されているが、その中からどういったシーンでどういったものを選べばいいかわからないアングラーも多いだろう。

今回は各シーンごとに適した、グレ釣りにおすすめの集魚剤を紹介しよう。

グレ用集魚剤に必要な要素

グレ用集魚剤を選ぶときは

  • 遠投性
  • 拡散性
  • 集魚力

の3点に注目しよう。

遠投性はまとまりや粘りといった要素が関っており、水分量の調整などで調整することも多い。

パッケージの裏側に参考にする海水の分量などが示されていることも多いので注意しよう。

基本となるおすすめの集魚剤

集魚剤にはベースとなるものがあり、加えて必要な要素に特化したものを追加し混ぜ合わせることが多い。

ここではおすすめのベースとなる集魚剤を紹介する。

マルキュー「グレパワーV9」

グレ釣りをしている人なら知らない人はいないぐらい有名な集魚剤。

拡散性、遠投性の両方を兼ね備えており、グレ釣りに求められる基本性能を満たしている。

迷った人はまずはこれを試してほしい。

マルキュー「グレパワーV9スペシャル」

「グレパワーV9」と同じく、グレ釣りに基本性能を兼ね備えている人気の集魚剤である。

さらに「ウルトラバイト・アルファ」と呼ばれるマルキューオリジナルのフェロモン系特殊誘引剤が配合されており、魚の本能的な捕食スイッチが入りやすい。

ツケエサの生オキアミに少しかけて使う裏技的な使い方もよくされている。

ヒロキュー「グレTEN」

本製品は高比重で遠投性能に優れながら、バランスが良い集魚剤だ。

ニンニクや麦、カキガラなど様々な原料を配合しており、グレが好むものが多く入っている。

大容量でコストパフォーマンスに優れた製品だ。

遠投性に優れたおすすめ集魚剤

遠くの潮に乗せたい場合や、エサ取りが多くコマセワークが必要になる場合などは、コマセを遠投する必要がある。

そのような状況でおすすめな集魚剤を紹介しよう。

ヒロキュー「アドバンスグレ」

遠投性能に優れていることに加え、まとまりが非常によく、ピンポイントで撒き餌を打つことができる。

ヒシャク離れがよく飛距離が従来品より優れており、混ぜやすいため初心者にも扱いやすくおすすめである。

マルキュー「超遠投グレ」

遠投性に加え、操作性、視認性にも優れたマキエ。とくに沖の潮目などを狙った際に撒き餌を目で確認でき、拡散性も良い。

仕掛けを狙い通りに撒き餌と同調させられる。

集魚力に優れるおすすめ集魚剤

食いが渋いときや魚を寄せたいときに使いたい、とくに集魚力に優れた集魚剤を紹介しよう。

ヒロキュー「スーパーブレンド制覇グレ」

比重差のある素材を用いることで、沈下スピードに違いを付けることで上層から中層の広範囲を探ることができる。

さらに撒き餌を増量させることにも優れており、水を加えると3倍近くに増えるため経済的にもおすすめだ。

マルキュー「爆寄せグレ」

グレの食いを爆発的にあげるのにおすすめの集魚剤がこの「爆寄せグレ」だ。

オキアミやアミエビのエキスを多く含んでおり、集魚力に大変優れている。

しかしグレのみでなくエサ取りなども多く寄せることもあるため、注意が必要だ。

状況ごとに最適な撒き餌を

集魚剤には様々な種類のものがあるが、状況に合わせて適切なものを選ぶことが大切である。

べーズとなる集魚剤に加え、用途に応じて他の集魚剤を混ぜ合わせるといいだろう。

いろいろな集魚剤を試すことで、状況ごとに最適な、かつ自分が扱いやすい調合を見つけてみよう。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【第1回】ルアーに飽きたら行き着く境地…魅力満載のフカセ釣りをやってみよう!

【第2回】ルアータックルは流用できる?フカセ釣りで必要なタックル

【第3回】ハリスの太さと針のサイズは?フカセ釣り初心者のための仕掛け選び

【第4回】フカセ釣りのエサとマキエは釣果の命運を分ける!選び方を解説

タグ: