陸から釣れる5種のハタを解説!特徴を知って釣りに生かそう

タグ: / / / / /
2018年06月28日

近年、全国的な水温上昇とともに数を増やし、釣りのターゲットとして注目が高まっているハタの仲間。

美しい魚体と強烈なファイト、そして抜群の食味を誇ることから虜になるアングラーは多いはずだ。

今回は陸から狙えるハタの仲間とその特徴を解説していこう。

陸で釣れるハタ

マハタ

数あるハタ科の代表となる種がこのマハタだ。

成魚は最大で1mを超えるほど大きくなるが、ショアから釣れるのは大きくても40cmぐらいまでの個体が多い。

比較的深場を好む傾向にあり、沖に水深がある堤防や磯に多く生息している。

小型のマハタは堤防によくみられ、このようにはっきりとした白い横縞が特徴だ。

サビキやチョイ投げで釣れることがあるが、見慣れないため毒魚と勘違いされることもある。

ハタ科の魚は成長速度が遅いため、小型の個体が釣れた際は優しくリリースしてあげよう。

オオモンハタ

写真提供:秋田 康一 様

南日本を中心に、千葉県ぐらいまでの太平洋側多くに生息している小型のハタ。

ハタ科の中では漁獲量が多く価格は安い方であるが、それでも非常に美味しい魚だ。

写真提供 : 北野義徳 様

オオモンハタはハタの中でも中層を回遊する傾向が強く、海底を引きずるようなルアーの動きよりも中層を泳がせる動きに反応が良い。

そのためメバリングやアジング中のゲストとしてたびたび登場し、突然の強烈な引きに驚かされることがある。

クエ

ハタの仲間の中でも特に価値が高く、ハタの王様といえるのがこのクエだ。

クエはハタ科の中でもとりわけ魚食性が強く、トップウォータープラグにも反応してくることもある。

ショアから釣れる個体は40cmぐらいまでのものが多いが、外洋に面した堤防では1m近いクエが生息していることもあるので気が抜けない。

堤防で釣りをしているとまれに大型が食いつくことがあるが、生半可なタックルでは決して太刀打ちできないパワーを持っている。

編集部も大型のクエに何度も挑んだが、悔しい思いをする事の方が多かった。

多くは市場から高級料亭に直行するため、釣りをしていなければ一般庶民の口に入ることはまずない魚だと思っていい。

クエを釣って食べられるのは釣り人の特権であるといえるだろう。

キジハタ

アコウ、アカミズと呼ばれロックフィッシュゲームの中でも大人気のターゲット。

岸からは40cmまでの個体が多いが、沖には50cmを超える大型個体も生息している。

キジハタは食味が良いことから水産資源としての重要度も高く、稚魚の放流も盛んに行なわれているのが現状だ。

中でも県の魚として売り出している山口県では、30cm以下のキジハタは全てリリースするよう義務付けられている。

その他の地区であっても小型はリリースするよう心がけよう。

アカハタ

沿岸部に生息し、沖縄から千葉県までの堤防や磯で遭遇することがある小型のハタ。

太平洋側に多く生息しているが、近年はツリホウ編集部の本拠地である九州の日本海側でもしばしば目撃されている。

キジハタやクエと比較するとやや淡白であるが、身質は上品でとても美味しい魚だ。

また鮮やかな赤色の体色は非常に美しく、観賞魚としても人気がある。

小型はリリースし末長く楽しもう

近年の水温上昇とともにどんどん生息域を拡大しているハタ。

今回紹介したハタ以外にも、南に行けばいくほど多くの種類のハタが生息している。

いずれも成長スピードが遅い魚であるため、小型はリリースし末長く楽しもう。

関連記事

ワームより釣れる!?ロックフィッシュにおすすめのメタルジグ4選

【連載】魚の捕食動画シリーズ!第6回 ロックフィッシュ編

関連商品

タグ: