トップページ>その他>この夏は「ライトブリームゲーム」が流行る!チヌを手持ちタックルで手軽に楽しみ尽くそう

この夏は「ライトブリームゲーム」が流行る!チヌを手持ちタックルで手軽に楽しみ尽くそう

by アルカジック ジャパン
タグ: /
公式 2018年06月29日

アルカジックジャパン[Arukazik Japan]が提唱する、ライトなチヌゲーム「ライトブリームゲーム」

今回は、タックルやポイント、ルアーの操作方法まで、ライトブリームゲームの全貌を徹底解説します。

ライトブリームゲームとは?

ライトブリームゲーム[Light Bream Game]。

カタカナで書くと、なにやらムズカシそうに聞こえますが…

【Light】:軽量な、手軽な

バスタックルやアジングタックルを流用した軽い仕掛けを使い、身近にある河川や漁港で空き時間に楽しむスニーカースタイルが基本です。

【Bream】:広義でのクロダイ、キビレ

『チヌ』『クロダイ』といった名称で広く親しまれ、大きいもので60cmを超える大きさに成長するタイ科の魚。

【Game】:餌ではなく、ルアーで楽しむゲームフィッシング

餌の準備が要らない、会社帰りにちょっと寄り道感覚で楽しめる、手軽なルアーフィッシング。

と、要するに「身近な河川、河口にいるチヌを、ライトタックルで狙う釣り」のこと。

チヌは、餌釣りからルアー釣りまで実に多様な方法で楽しまれるターゲットですが、その数あるチヌ釣りスタイルのひとつである「ボトムゲーム(底に居るカニなどを模したルアーでチヌを誘う)」に類されるのが、この『ライトブリームゲーム』というわけです。

アルカジックジャパン的、ライトブリームゲームの定義

  • ターゲット:『チヌ』(クロダイ、キチヌの総称)
  • タックル:専用タックル、あるいは、5~10g程度までが扱えるバスロッド、アジ・メバリングロッド
    (詳細な推奨タックルは後述)
  • スタイル:基本的には入水しない、陸っぱりスタイル

【次ページ:流用可能!ライトブリームゲームで使用するタックル】

タグ: /