トップページ>料理>タイやヒラメなどの白身魚に最適!うま味が抜群に上がる「昆布締め」の方法とは

タイやヒラメなどの白身魚に最適!うま味が抜群に上がる「昆布締め」の方法とは

タグ: / / /
アクセス 2015年08月29日

20150829170716-720x364

出典:白身魚の昆布じめ – YouTube

釣った新鮮な魚の刺身も格別だが、「昆布締め」にするとその味はさらに美味しくなる。

今回は魚のうま味を抜群に上げてくれる、昆布締めの方法を紹介する。

白身魚の昆布締めの作り方

タイやヒラメなどの白身魚は昆布締めにすると、昆布のうま味と魚の熟成効果でさらに美味しくなる。

白身魚を釣った場合は昆布締めに挑戦してみよう。

昆布締めの材料

  • 白身魚の切り身orサク
  • 昆布適量(魚をはさめるだけ)
  • 酢(少々)
  • 塩(少々)
  • 酒(少々)

昆布締めの手順

  1. 魚の切り身に塩を振り30分ほど寝かせ水分を出す。
  2. 昆布を酢水で湿らせた布巾(キッチンペーパー)で表面の汚れを拭き取るように拭く。
  3. 1で水分を出した切り身をキッチンペーパーで拭く。
  4. 切り身を好みの大きさに切る。(すぐに食べたい場合は薄くそぎ切り、一日寝かせる場合はサクのままでも可)
  5. 昆布にキッチンペーパーなどで酒を塗り、その上に魚を乗せて、最後に昆布を乗せてはさむ。
  6. 空気が入らないようにバットに入れてラップをかぶせるか、丸ごとラップでくるので冷蔵庫で寝かせる。
  7. そぎ切りなら1時間半、サクなら1日ほど寝かせたら完成だ。

釣った魚をさらに美味しく

意外に簡単な手順でできる昆布締め。2日寝かせるとさらに魚の熟成が進み、なんとも言えない味わいのものに仕上がる。

いつもの刺身と違う味を試したいと思ったらぜひ挑戦してほしい。

関連記事

もう失敗しない! 「魚の皮引き」を綺麗に仕上げるコツ

連載:釣った魚を美味しくする技術【第1回 熟成】

関連商品

タグ: / / /