修理に出すより安くて早い!ロッドガイドの交換方法まとめ

タグ: /
2017年05月11日 (最終更新日:2018年04月03日)

目次

  1. 振り出し竿のガイド交換方法
  2. その他の竿のガイド交換方法
  3. ガイドのコーティング方法

壊れたガイドの外し方

ルアーロッドや船竿など、振り出し竿以外の竿はガイドが「スレッド」という糸で巻かれ、コーティングで固定されている。

ガイドを交換する場合にはこのコーティング部分を剥がす必要があるのだ。

準備するもの

  • ライター
  • カッターナイフ

壊れたガイドの外す手順

ライターでガイドの足の部分を温め、カッターナイフでガイドの足に沿うようにして削れば簡単に取ることができる。

ライターで炙りすぎてブランクが焼けてしまったり、カッターでブランクを削らないように十分注意しよう。

ロッドを回転させながら少しずつ炙り、削っていくとよい。

新しいガイドの取り付け方

準備するもの

  • 新しいガイド
  • スレッド
  • ライター
  • カッター
  • はさみ
  • ヤスリ
  • 抜き糸
  • ホットグルー

新しいガイドの取り付け手順

  1. ガイドの足を温めてホットグルーで糊付けする
  2. ガイドを付けたい位置にブランクを動かして糊付けする
  3. ガイドを固定することができたら、スレッドを巻き始める。巻き始めはスレッド交差させて止めることが大切だ
  4. 巻き始めのスレッド5回ほど巻いたら、新しいスレッドで巻き始める
  5. スレッドがガイドの根元まで差し掛かったら、一度メインの巻き糸を止めて抜き糸をあて、抜き糸ごと巻いていく
  6. ガイドまで巻き終わったら抜き糸の間を通して抜き糸を抜く
  7. 余った糸をカットしてガイドの取り付け完成だ

トップガイドの修理の場合、振り出し竿と同様にガイドがはまるようにカッターとヤスリで調節した後、上記の手順でスレッド巻きをしよう。

【次ページ : ガイドのコーティング方法】

タグ:
ツリバカメラ