フラットフィッシュにメタルジグは必須!?有効な場面とおすすめ4選

タグ: / / / / / / /
2018年06月15日

フラットフィッシュはあらゆるルアーへの反応がよく、ハードルアーからソフトルアーまで様々なルアーが使用される。

そんな中でも、一番の飛距離を出せるメタルジグは欠かせないアイテムだ。

今回はフラットフィッシュゲームにおいてメタルジグが有効な場面と、編集部のおすすめメタルジグを紹介していこう。

メタルジグが有効な場面

フラットフィッシュはミノーやバイブレーション、ワームといった様々なルアーをローテーションしながら狙っていく。

中でも特にメタルジグが欠かせない場面を紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

釣り場についての第一投目

メタルジグはフォールスピードが速いため、活性の高い魚へ効率良くアプローチできる。

釣り場についての一投目は、まず飛距離の出るメタルジグで広く探ってみると良いだろう。

ポイントが遠い時

沖の潮目や根周り、ブレイクなどの遠くにヒットゾーンがあるとわかっている時はメタルジグが欠かせない。

ミノーなどのルアーでは届かないポイントでもメタルジグであれば楽々届くことも多いので、遠くのポイントはメタルジグで効率よくサーチしていこう。

水深が深いポイントを狙う時

堤防からのキャスティングや急深のサーフなど、水深が深いポイントを狙う時は、着底が速いメタルジグが必需品だ。

深場では、ゆらゆらと落ちてくるメタルジグのフォールもバイトを誘発する有効な手段となる。

海が荒れている時

海が荒れてしまい他のルアーでは釣りにならないような時も、メタルジグであれば釣りが成立することが多い。

荒れた日は自重の軽いミノーやワームは本来のアクションを引き出せないため、メタルジグ一択でいいだろう。

マゴチとヒラメを同時に狙う時

ヒラメは常に上を見ているため、ボトムだけでなく表層〜中層を泳ぐルアーにも果敢にアタックしてくる。

一方でマゴチは余程の高活性でない限り、ボトム付近のルアーにしかバイトしてこない。

メタルジグであれば浮き上がることなく常にボトムギリギリを狙えるため、両方のヒットレンジを同時に探れるのだ。

フラットフィッシュに有効なメタルジグ

様々な形状のメタルジグがあるが、フラットフィッシュはただ巻きでしっかり泳ぐスイミング系のメタルジグが特に有効だ。

編集部のおすすめを紹介するので、ぜひルアー選びの参考にしてみてほしい。

DUO 「ビーチウォーカー フリッパー」

DUOから発売されている、ただ巻きでミノーの泳ぎを演出できるフラットフィッシュ用メタルジグ。

シルエットを小さく見せられるため、ミノーなど大きなルアーに反応がない時でも効果を発揮する。

あらゆる状況で使える定番ルアーであり、サーフのフラットフィッシュゲームにおいては必須ルアーと言っていいだろう。

マリア 「メタフラ」

マリアから発売されている、ジグの飛びとプラグの泳ぎを両立したスイミング系メタルジグ。

後方に搭載されたフラップが揚力を生み出し、フラットフィッシュのバイトゾーンである海底から1mをただ巻きで的確にトレースできる。

ゴールド系のカラーを基調とした、フラットフィッシュ専用カラーのラインアップも魅力だ。

アングラーズリパブリック 「エフリードメタル」

アングラーズリパブリックから発売されている、フラットフィッシュ専用に設計された特殊形状のメタルジグ。

スローなフォールでバイトを誘いつつ、ただ巻きではウォブリングアクションを演出できる。

ひとつ持っておくことで、攻めの選択肢を広げてくれるルアーだ。

ジャクソン 「飛びすぎダニエル」

ジャクソンから発売されている、アイが腹部についた個性的なフォルムのメタルジグ。

極端な後方重心設計のため、通常のメタルジグよりもはるかに飛距離が出ることにも注目してほしい。

超スローリトリーブでも安定したウォブリングアクションを演出できるため、沖のピンスポット攻略にも適している。

メタルジグでフラットフィッシュを攻略しよう

フラットフィッシュゲームでは必ずといっていいほど必要になってくるメタルジグ。

今回紹介したルアーはすべてただ巻きで使えるため、難しいアクションが必要ないのも嬉しい。

本記事を参考にメタルジグを選んでフラットフィッシュ攻略に役立ててほしい。

関連記事

海岸に現れる離岸流とは?知らないと命の危険も

サーフゲームに求められるパワーや長さとは?ヒラメ専用ルアーロッドの選び方とおすすめ3選

【RyoHさんからの寄稿】ヒラメに高実績だったルアー3選!2018年も活躍間違いなしのオススメルアーを紹介

タグ: