トップページ>アジング・メバリング>まずはどのラインを選べばいい?ラインの性質と特徴を初心者のために一言解説

まずはどのラインを選べばいい?ラインの性質と特徴を初心者のために一言解説

タグ: /
アクセス 2018年09月11日

リールとライン

魚とアングラーを繋ぐ命綱であるラインにはさまざまな種類がある。

今回はどれを選べばいいかわからない人のために、種類ごとの特徴を一言で解説しよう。

各ラインの特徴

ナイロンラインの特徴

  • 伸びやすい
  • 柔らかい
  • 吸水性がある
  • 価格が安い

初心者がまず始めに使うことが多いのがナイロンライン。

汎用性が高く、伸びやすく柔らかいのでトラブルが発生しにくい。

値段も安いのでまずはこれを選んでおこう。

フロロカーボンラインの特徴

  • ナイロンに比べ伸びにくい
  • 耐摩擦性(スレに強い)がある
  • 沈みやすい

現在ハリスやリーダーとして一般的になってきているのがフロロカーボンライン。

ナイロンラインに比べ、伸びにくいため感度がいいが、衝撃を吸収しにくいという特徴も持つ。

根ズレなどにめっぽう強いので、岩がゴツゴツしたエリアなどで使うといいだろう。

PEラインの特徴

  • 感度がいい
  • 強度がある
  • 摩擦、熱などに弱い

ひっぱり強度がナイロンやフロロの3〜4倍程度強く、ナイロンやフロロカーボンラインに比べ細いものを扱える。

そうすることでラインの空気抵抗が減るため、遠投性能と感度が抜群にアップできる。

だが細すぎるゆえ、ライントラブルになることも多いので扱うときには注意が必要だろう。

初心者はまずナイロンラインから

3種類のラインを紹介したが、初心者にも扱いやすく価格が手ごろなのはやはりナイロンラインだろう。

慣れてきたらルアーゲームのメインラインにはPEラインがよく、リーダーにはナイロンラインまたはフロロカーボンラインを用いるといい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

バス釣りでのラインの種類と太さの選び方 | ナイロン、フロロ、PEの使い分け

どのPEラインを選ぶべき? 目的別のPEラインの選び方

タグ: /